ドコモが「格安iPhone」でUQ mobileやワイモバイル対抗、月額1980円のiPhone 6sがdocomo with対象機種に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイモバイルやUQ mobileが販売している「格安iPhone」にドコモが対抗します。

いよいよ本格的にサブブランド潰しを進めるようです。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2018年9月1日(土)から「docomo with」対象端末にiPhone 6sの32GBモデルを加えるそうです。

docomo withはスマホ本体を割引なしで購入する代わりに、ずっと月額1500円が割り引かれ続けるプランで、18:9の5.5インチフルHD+(2160×1080)液晶にSnapdragon 450、4GB RAM、64GB ROM、800万画素前面カメラ(F1.9)を備えた「LG Style」など、意欲的な端末がラインナップ。


今回提供されるiPhone 6sの本体一括価格は3万9600円になります。


そして家族3人でiPhone 6s(ほかの対象端末でも可)を購入し、「シンプルプラン」「ベーシックシェアパック」「ずっとドコモ割プラス(プラチナステージ)」と「docomo with」を組み合わせると、1人あたりの月額料金は1980円になります。


通話定額なしの状態で契約して初めてワイモバイルやUQ mobileなどのサブブランドに対抗できるようになるドコモ版格安iPhone。

ただしワイモバやUQと違って2年目以降に値上がりすることもないため、ずっと同じ端末を使い続けるのであれば、1つの端末を末永く使い続けるのであれば悪くない選択肢かもしれません。

・関連記事
日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

サクサク動くdocomo with端末「LG Style」レビュー、廉価版ながらスタイリッシュでカメラ機能充実&クアッドDACも | BUZZAP!(バザップ!)

性能大幅アップのdocomo with端末「arrows Be F-04K」レビュー、全てのスマホに搭載すべき「エクスライダー」さらに進化 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加