性能大幅アップのdocomo with端末「arrows Be F-04K」レビュー、全てのスマホに搭載すべき「エクスライダー」さらに進化

このエントリーをはてなブックマークに追加



一度契約するとずっと毎月1500円が割り引かれる「docomo with」対象機種として発表された2018年夏モデル「arrows Be F-04K」のレビューをお届けします。

あまりの便利さについべた褒めしてしまった、画面を触らずに操作できるインターフェース「Exlider(エクスライダー)」が進化しただけでなく、性能が大幅に底上げされています。詳細は以下から。

「arrows Be F-04K」本体。エントリーモデル「arrows Be」シリーズの最新機種で、5.0インチHD(1280×720)液晶に500万画素前面カメラ(F2.4)を備えています。



背面には2580mAhバッテリーとF1.9の1220万画素カメラを搭載。従来よりも明るく撮れ、Dual PD搭載でピント合わせも高速になりました。




カメラ性能はこの動画を見れば分かりやすいかもしれません。


側面などはこんな感じ



アンテナも健在です


泡タイプのハンドソープで洗える防水防塵性能に加えて……



近年のarrowsシリーズで培われてきた耐衝撃性能を備えています。



そんなarrows Be F-04Kの最もオススメしたいポイントが「Exlider(エクスライダー)」。


昨年初めて搭載した「arrows NX F-01K」では「自動でスクロール」「拡大縮小」など、画面を触らずとも操作できる革新的な操作性に舌を巻きましたが……


arrows Be F-04Kではさらに進化。「触れて操作」をオンにするとタップだけで画面スクロールを利用できるようになりました。スマホ左手族にとっても非常に便利で、あまねくスマホに搭載して欲しい理想のインターフェースです。


説明員さんが流暢に解説してくれた動画はこちら。


また、arrows Be F-04Kは性能が大幅に進化。前モデル「arrows Be F-05J」はSnapdragon 410/2GB RAM/16GB ROMと、時代遅れのスペックでしたが、Snapdragon 450/3GB RAM/32GB ROMとZenfone 3並みの性能に底上げされました。


実際に触ってみても、なかなか快適。これならスマホ初心者、ライトユーザーにも安心して薦められます。


カラーバリエーションは3色です。


・関連記事
Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9で暗所撮影の性能を速攻比較、見事王者に輝いたのは? | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモ独占販売の「Huawei P20 Pro」速攻レビュー、いろいろ考えさせられる内容に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2018年夏モデル発表、「Huawei P20 Pro」が目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが今度は「3画面スマホ」開発へ、独自企画スマホを毎年投入 | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加