ドコモ独占販売の「Huawei P20 Pro」速攻レビュー、いろいろ考えさせられる内容に

このエントリーをはてなブックマークに追加



4000万画素センサーを使ったフラッグシップスマホ「Huawei P20 Pro」がドコモの2018年夏モデルとして発表されたので、レビューをお届けします。詳細は以下から。

Huawei P20 Pro本体。6.1インチフルHD+有機ELにKirin 970、6GB RAM、128GB ROM、3900mAhバッテリー、2400万画素インカメラなどを備えた文字通りのフルスペックスマホです。





立体音響「ドルビーアトモス」に対応(イヤホンのみ)したHuawei P20 Pro。ステレオスピーカーも備えています。


もちろんノッチは隠せます。




実際に触ってみたところ。


4000万画素のメインカメラ(RGB)、2000万画素のサブカメラ(モノクロ)、800万画素の光学3倍ズームカメラのトリプルカメラ構成。はっきり言ってとんでもない仕様です。



ISO感度は102400


カメラは光学3倍、デジタル5倍まで拡大できます。


スペックシート


防水防塵、FeliCaなどの日本人が求める機能を実装した上、Mate 10 Pro同様、AIを使ったカメラや充電の最適化などを利用できます。




カラーバリエーションは2色。


なお、Huawei P20 Proはドコモ専売モデルで国内でのSIMフリー版展開はなし。

最も尖っていたカラーリング「トワイライト」が省かれた上にドコモのプリインアプリはモリモリで、HuaweiのSIMフリー端末になじんだ人にとっては少し考えてしまう内容となっているところが惜しまれます。

・関連記事
Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9で暗所撮影の性能を速攻比較、見事王者に輝いたのは? | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2018年夏モデル発表、「Huawei P20 Pro」が目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが今度は「3画面スマホ」開発へ、独自企画スマホを毎年投入 | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

「実質0円」すら根絶目指して総務省がスマホ割引規制強化、"総無能"の悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

同性パートナーも「配偶者」認定、27万人超のNTTグループ全体で支援拡充 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加