トヨタとソフトバンクが戦略的提携、共同出資会社「MONET(モネ)」設立へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



まさかのタッグが実現しました。詳細は以下から。

ソフトバンクおよびトヨタ自動車のプレスリリースによると、両社は新しいモビリティサービスの構築に向けた戦略的提携に合意し、新会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を設立するそうです。

MONETの社名には「全ての人に安心・快適なモビリティをお届けする、Mobility Networkを実現したい」という両社の想いが込められており、トヨタが構築したコネクティッドカーの情報基盤「モビリティサービスプラットフォーム(MSPF)」と、ソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携。

車や人の移動などに関するさまざまなデータを活用することで需要と供給を最適化し、移動における社会課題の解決や新たな価値創造を目指して2018年度内をめどに共同事業を開始するとのこと。

まずは利用者の需要に合わせてジャスト・イン・タイムに配車が行える「地域連携型オンデマンド交通」「企業向けシャトルサービス」などを、全国の自治体や企業向けに展開するとされています。


また、2020年代半ばまでに移動、物流、物販など多目的に活用できるトヨタのモビリティサービス専用次世代電気自動車(EV)「e-Palette(イーパレット)」による「Autono-MaaS」事業を展開。

移動中に料理を作って宅配するサービスや、移動中に診察を行う病院送迎サービス、移動型オフィスなどのモビリティサービスを、需要に応じてジャスト・イン・タイムに提供するもので、グローバル市場への提供も視野に入れています。

新会社・MONETの概要。ソフトバンク側が主導権を握る形での展開となります。

・関連記事
日本政府が自動運転を事実上規制、「手放し65秒で手動運転」を義務化 | BUZZAP!(バザップ!)

NVIDIAを「謎のAI半導体メーカー」呼ばわりした日経ビジネスの記事が炎上中 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「4年縛り」改善、機種変更時の「半額サポート」再加入を撤廃 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加