IEEE802.11axは「Wi-Fi 6」に、無線LAN規格の表記ようやく分かりやすく



IEEE802.11n、IEEE802.11ac、IEEE802.11ax……など、知らない人から見れば何がどう違うのか全然分からない無線LANの通信規格が、分かりやすく整理されました。詳細は以下から。

無線LAN規格の標準化団体「Wi-Fi Alliance」のプレスリリースによると、ユーザーがWi-Fiの規格を分かりやすく把握できるよう、2019年に商用利用が開始される予定の「IEEE802.11 ax」を「Wi-Fi 6」と呼ぶよう定めたそうです。


数字はそのまま世代を表すもので、少し前まで主流だったIEEE802.11nは「Wi-Fi 4」、現在主流のIEEE802.11acは「Wi-Fi 5」になるとのこと。


今後はアイコンなども分かりやすく刷新される予定。


「数字が大きければ大きいほど最新」という分かりやすさのため、あまり詳しくない人でも安心して使えるようになるわけです。

・関連記事
USB 3.0と2.4GHz帯無線に干渉問題、無線LANや外付けHDDの速度が遅くなるおそれも | BUZZAP!(バザップ!)

もちろん干渉無視、携帯各社の無線LANスポットが凝縮された「Wi-Fiの森」を見つけました | BUZZAP!(バザップ!)

「au Wi-Fi SPOT」劇的に進化か、最大10倍高速接続できる「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」実証実験をKDDIが成功させる | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング