「au Wi-Fi SPOT」劇的に進化か、最大10倍高速接続できる「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」実証実験をKDDIが成功させる

このエントリーをはてなブックマークに追加



「あると便利、だけどあまり使い物にならないこともある」

そんな公衆無線LANスポットが、久しぶりに大きな進化を迎えるかもしれません。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社とQualcomm Technologies, Inc.、ラッカスネットワークス、シャープが国際標準技術の公衆無線LAN向け認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」に基づいた品質改善技術のフィールドトライアルを東京都渋谷区にある「au Wi-Fi SPOT」の一部エリアで実施し、世界で初めて成功したそうです。

今回実証された品質改善技術は「混雑時の通信効率を改善する技術」「電波が不安定な状況において接続しない技術」「公衆無線LANへの接続時間を短縮する技術」の3つから構成。

フィールドトライアルの結果、Wi-Fiに接続するまでの速度が最大10倍に向上したほか、従来よりも通信効率が30%改善したことが実証されたとしています。

この結果を受け、KDDIは「au Wi-Fi SPOT」をより快適に利用できるようにするため、将来の「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」の商用導入を検討するほか、さらなる品質向上に向けて取り組んでいくとしています。

・関連記事
空いてるLTEで高速&通信量無制限、かなり快適なau Wi-Fi SPOTを見つけました | BUZZAP!(バザップ!)

もちろん干渉無視、携帯各社の無線LANスポットが凝縮された「Wi-Fiの森」を見つけました | BUZZAP!(バザップ!)

実はWi-Fi大国の日本、世界で最も公衆無線LANスポットの整備が進んでいることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのWi-Fiスポットに用いられる機器を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加