Huaweiが自社スマホへの独自プロセッサ「Kirin」搭載割合引き上げへ、クアルコムなどに影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加



イー・モバイル初のLTEスマホ「STREAM X GL07S」の時代から、Huaweiスマホには独自プロセッサが搭載されていましたが、さらなるテコ入れが図られるようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Huaweiは子会社のHiSilicon Technologiesが手がける「Kirin」などの独自プロセッサ採用割合を増やす予定だそうです。

2017年にHuaweiは1億3500万台のスマートフォンを出荷しましたが、独自プロセッサを採用したのはそのうち7000万台ないし全体の50%未満だったとのこと。

2018年には採用割合を50%以上に引き上げるとのことで、Huaweiの施策はQualcommとMediaTekに対して大きなプレッシャーがかかるとみられています。

「Huawei P10」「Mate 10 Pro」「Mate 10 lite」「nova 2」「nova lite 2」など、最近日本市場に投入されたモデルに軒並み採用されているKirin。

スマホ向けゲームにはクアルコムの「Snapdragon」用に最適化されているケースが見受けられますが、採用割合が増えればKirinへの最適化も進み、Huaweiスマホでもより快適なプレイを楽しめるようになりそうです。

・関連記事
「Huawei nova 2」と「Huawei nova lite 2」を比較すると、nova lite 2を買うのが少しバカバカしくなりました | BUZZAP!(バザップ!)

Mate 10 Proとほぼ同性能の「Huawei Honor V10」、Huawei P10やZenfone 4などのミドルレンジスマホを公開処刑する安さに | BUZZAP!(バザップ!)

【格安SIMに最適】HuaweiのSIMフリーモバイルルーターが国内最安価格よりも安い8000円台に、対応バンド拡大も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加