2日間耐久通話もOK、13000mAhバッテリーで1週間使える「Ulefone Power 5」がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加



一般的なモバイルバッテリーよりも大容量で、1週間に一度充電すればOK。

世の中にはそんなえげつないスマホがあります。詳細は以下から。

これが今回解説する「Ulefone Power 5」。6インチフルHD+(2160×1080)液晶を備えたAndroid 8.1スマホです。


MediaTekのミドルレンジ向けプロセッサ「Helio P23」に6GB RAM/64GB ROMを搭載。256GBまでのmicroSDXCカードをサポートしています。



特筆すべきはそのバッテリー容量。一般的なスマホの4倍以上となる13000mAhバッテリーを備えることで、1週間の利用が可能に。「バッテリーを気にせずガンガン使いたい」「あまり使わないからとにかく充電の手間を減らしたい」などのニーズに応えました。


13000mAhもあれば動画再生もゲームもブラウジングも動画撮影も20時間近くぶっ通しで行える上、通話に至っては50時間以上も可能。「丸二日にわたって通話し続ける」というシチュエーションは今ひとつ想像しづらいところですが、とにかく頻繁に電話がかかってくる仕事であれば、かなり便利かもしれません。


10000mAhを超えるモバイルバッテリーを充電しようと思うと結構時間がかかるものですが、5V/5A(25W)の超急速充電をサポートすることで2時間半でフル充電可能に。とにかく大容量バッテリーのアドバンテージを生かせるよう、工夫がこらされている印象です。


10Wの高速ワイヤレス充電までサポート。充電器に一晩置いておくだけで、また1週間戦えます。


「とにかくバッテリーがえげつないスマホ」という印象が強くなってしまったUlefone Power 5。しかし前面、背面にデュアルカメラを備えるなど、最新のトレンドもキャッチアップ。


ソニーの「IMX230」を採用した2100万画素+深度用の500万画素をカメラを備えることで、ボケ味を生かした写真を撮ることもできます。


もちろん光学手ブレ補正にも対応。ただバッテリーがすごいだけではありません。


さらにサイバー感あふれるソリッドなデザインを採用。


側面には短く押すとカメラが起動し、長押しするとボイスレコーディング機能が起動するショートカットキーも搭載。「今すぐ撮影したい」「何かトラブルに巻き込まれて録音しないといけない」といった事態にもすぐさま対応できます。


なお、技適マークの問題があるものの、Ulefone Power 5は3G(W-CDMA:Band1,8)および4G(FDD-LTE:Band 1,3,7,8,20)をサポート。ソフトバンクやLINEモバイルのソフトバンクプランなどと相性が良いようです。

バッテリーだけでなくディスプレイやカメラでもこだわりを見せたUlefone Power 5。以下の通販サイト「Tomtop.com」では期間限定フラッシュセールとして2万9150円で販売されています。

Ulefone Power 5 4Gスマホ6GB RAM 64GB ROM 13000mAh グレー - Tomtop.com


また、以前Buzzap!で詳細をお伝えしたところ、大反響だったHuawei P20 liteと真っ向勝負できて1万円台の超格安スマホ「Lenovo S5」もさらに値下がりしています。

レノボS5 K520 4G携帯電話の顔ID 4GのRAM 64GのROM ブラック - Tomtop.com

・関連記事
前後2眼カメラに防水防塵耐衝撃の格安スマホ「Vernee V2 Pro」レビュー、ドコモ回線対応で2万円台 | BUZZAP!(バザップ!)

Huawei P20 liteと真っ向勝負できて1万円台、衝撃の超格安スマホ「Lenovo S5」 | BUZZAP!(バザップ!)

本格2眼カメラ搭載で1万円台、Huawei P20 liteを圧倒する超格安スマホ「Meizu M6 Note」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加