クアルコムが「Snapdragon 675」発表、ゲームやカメラ、AI対応強化でミドルレンジスマホがより快適に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ハイエンドスマホでなくとも、ゲームを快適に楽しめるようになります。詳細は以下から。

クアルコムのプレスリリースおよび公式ブログによると、同社はハイミドル向けプロセッサとして「Snapdragon 675」を発表したそうです。

Snapdragon 675は11nmプロセスで製造され、ARMベースのCPU「Kryo 460(8コア、最大2.0GHz)」とGPU「Adreno 612」、画像処理プロセッサ「Spectra 250L」などで構成。


全体的に処理能力が20%向上しており、Snapdragon 670と比べてゲームプレイ時のパフォーマンスが向上しています。


さらに光学5倍ズーム、2.5倍の広角、超広角の3つのカメラをサポート。前面、背面3カメラずつ、合計6カメラ搭載を可能にするほか、480フレームのHDビデオを撮影できます。


モバイル機器の情報処理向上させるよう設計された、マルチコアAIエンジンが50%強化。簡単にユーザーの声を学習し、バッテリ寿命を最適化し、高度なセキュリティを提供し、最高品質の写真やビデオをキャプチャするのに役立つだけでなく、場所とオブジェクトを識別し、顔認証機能を強化することもできます。


また、Snapdragon X12 LTE Modemによって下り最大600Mbps(256QAMおよび3波キャリアアグリゲーション)ないし上り最大150Mbps(64QAMおよび2波キャリアアグリゲーション)に対応しており、高速かつ安定した通信を利用可能。

Snapdragon 675の魅力が一目で分かるムービーはこちら。2019年初期に商用端末がリリースされる予定です。

・関連記事
さよならSnapdragon 400シリーズ?出荷減で「エントリースマホ向けプロセッサ」消滅か | BUZZAP!(バザップ!)

Nexus 7を超えた「Xiaomi Mi Pad 4」LTE版が大幅値下げ、SIMフリー高性能タブレットが2万円台に | BUZZAP!(バザップ!)

ほぼ7インチ有機ELの超大画面スマホ「Huawei Honor Note 10」セール開始、本格2眼カメラや水冷仕様CPU採用で妥協なしの1台に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加