さよならSnapdragon 400シリーズ?出荷減で「エントリースマホ向けプロセッサ」消滅か

このエントリーをはてなブックマークに追加



Snapdragon 4xxシリーズが市場から消えるかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、現行のエントリースマホ向けプロセッサへのニーズが減少していることを業界関係者が明かしたそうです。

これはミドルレンジスマホに注力するスマホメーカー各社が、差別化のためにAI対応プロセッサを求めていることなどを受けたもの。

2月にリリースされたMediaTekのAI対応プロセッサ「Helio P60」はOppo、Vivo、Xiaomiなどの大手スマホメーカーに順次採用され、ハイエンド向けプロセッサ「Helio X」不振に苦しむMediaTekの業績を上向かせているとのこと。

さらにSnapdragonシリーズで知られるクアルコムが5月に発表したAI対応プロセッサ「Snapdragon 710」も、Xiaomi、Oppo、Vivoなどのメーカーが相次いで採用する予定とされています。

なお、Snapdragon 710の登場でハイエンドスマホ向けのSnapdragon 800シリーズ、ミドルレンジ向けのSnapdragon 700シリーズ、エントリー向けのSnapdragon 600シリーズ……という風に、ラインナップの位置付けがシフトすると業界関係者はコメント。

そのため現行のエントリーモデル向けプロセッサSnapdragon 400シリーズがアップデートされない可能性が浮上しています。

・関連記事
Snapdragon 710対抗「Kirin 710」を採用した「Huawei nova 3」発表へ、ミドルレンジスマホが次のステップに | BUZZAP!(バザップ!)

格安ゲーミングスマホ「Black Shark(ブラックシャーク)」発売、Xiaomi系列開発で水冷機構・専用チップ採用のサイバー感ほとばしる1台に | BUZZAP!(バザップ!)

自称「日本のマチガイないSIMフリースマホ」ことarrows M04、2年前から基本性能が一切進化しない快挙を成し遂げる | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi Max 3」は画面さらに大型化、なんと6.99インチディスプレイ搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加