ドコモショップが電話・WEBでの予約制に移行へ、待ち時間ゼロを目指す



携帯電話ショップでの待ち時間が短くなるかもしれません。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、NTTドコモは販売店「ドコモショップ」での手続きを予約制に切り替えるそうです。

これは携帯電話販売店での手続き時間や待ち時間の長さを政府が問題視していることを受けたもので、2019年度中にインターネットや電話で来店予約を受け付ける仕組みに切り替えるとのこと。

混雑時に予約なしで訪れた人には対応できる時間帯を提示して再来店を促すとしており、ドコモは先行導入が進む関西で対象店舗を300店に広げ、順次全国にも展開する計画とされています

なお、報道では以前Buzzap!でもお伝えした、大阪のドコモショップ大東南店が導入した待ち時間解消への取り組みを紹介。

ユーザーのストレスを低減すべくホワイトボードを使って受付状況を可視化するもので、ドコモに「優良事例」として評価され、関西を中心に多くの店舗で同様の取り組みが行われています。


また、ドコモショップ大東南店では、全国で初めて店内に足湯を設置。待ち時間を心地良く解消できるだけでなく、マッサージ師さんを招いたコラボイベントも実施するなど、非常にユニークな取り組みを相次いで取り入れています。

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの新境地「カードケータイ KY-01L」速攻レビュー、電子ペーパー採用で名刺サイズ&20年ぶりの京セラ端末に | BUZZAP!(バザップ!)

小型ケータイ好き必携の「ワンナンバーフォン ON 01」レビュー、スマホの子機になるアイテムに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング