小型ケータイ好き必携の「ワンナンバーフォン ON 01」レビュー、スマホの子機になるアイテムに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが2018年冬モデルとして、新しいアプローチのケータイ型端末「ワンナンバーフォン ON 01」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「ワンナンバーフォン ON 01」。今までの「スマホの子機として使える端末」とは違い、Bluetoothハンドセットではなく、月額500円で1つの電話番号を2台の端末で使える「ワンナンバーサービス」によって、独立した端末として機能します。





3Gだけでなく4Gにも対応。ここまで薄くてコンパクトにもかかわらず、VoLTEも利用できます。


実際に触ってみたところ。本体価格は実質1万円弱です。












・関連記事
ドコモの2018年冬春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Huawei Mate 20、Mate 20 Pro、Mate 20 X発表、iPhone XSやGalaxy Note 9、ニンテンドースイッチまで公開処刑 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone XSをカメラで下した「Pixel 3/Pixel 3 XL」はFelica対応の日本仕様に、国内3キャリアの全ネットワークカバーも | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加