ドコモの新境地「カードケータイ KY-01L」速攻レビュー、電子ペーパー採用で名刺サイズ&20年ぶりの京セラ端末に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモが2018年冬モデルとして、非常にユニークな「カードケータイ KY-01L」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

これがカードケータイ。ディスプレイに消費電力の低い2.8インチ640×400の電子ペーパーを採用した防滴(IPX2)対応の端末で、もちろん世界最薄・最軽量(5.3mm、47グラム)。カスタムAndroidとみられる独自OSを備えており、ドコモ向け端末では珍しく、開発元が京セラです。







ドコモの名刺と比べてみたところ。本当に名刺入れに入ってしまうサイズです。



ネックストラップから下げるのもおしゃれ。


こんなに小さい端末にもかかわらず3Gと4G(下り最大100Mbps、上り最大37.5Mbps)を利用でき、VoLTEはもちろんWi-FiテザリングやBluetooth 4.2にまで対応しています。



本体ソフトウェアの更新も単独で可能。モバイルデータ通信量を削減できるため、Wi-Fiを使えるのは大きなメリットです。


なお、バッテリー容量が380mAhしかないにもかかわらず、連続待受時間は約100時間。電子ペーパーがいかに低消費電力かがよく分かる一幕。本体価格は実質1万円です。

実際に触ってみたところ。音声通話だけでなくブラウジングやメッセージサービスなども利用できます。


ブラウジングしてみたところ。あまりWEBコンテンツを楽しむ用途には向いておらず、あくまで電話やガラケーライクな利用がメインの端末といったイメージです。




・関連記事
ドコモの2018年冬春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Huawei Mate 20、Mate 20 Pro、Mate 20 X発表、iPhone XSやGalaxy Note 9、ニンテンドースイッチまで公開処刑 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone XSをカメラで下した「Pixel 3/Pixel 3 XL」はFelica対応の日本仕様に、国内3キャリアの全ネットワークカバーも | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加