PHSの帯域で高速通信できる次世代規格「sXGP」対応スマホ発表

このエントリーをはてなブックマークに追加



2020年7月のサービス終了が告知されたPHS。

同サービスに用いられていた帯域を使い、新たな通信サービスが提供されます。詳細は以下から。

まずチェックしておきたいのが、現在PHSが提供されている周波数帯(1.9GHz帯)を利用して導入予定の「sXGP方式」。

PHSは一般的な携帯電話のような日本全国での通話・データ通信以外に事業所などでの内線電話として(いわゆる「自営モード」)活用されてきました。

しかし残念ながらPHSは今となっては完全に日本ローカルな通信規格。PHSの周波数帯が中国で普及している「Band 39」であることも、新たに提供されるsXGPでは「TD-LTE」を採用することをXGPフォーラムが提唱しました。

これによりBand 39に対応した多くのスマホを電話の子機として利用できる上、IoT端末などのデータ通信用途にも活用できるようになります。


データ伝送速度はこんな感じ。


なお、sXGPは既存のPHS方式などと共存可能です。


そして本日、イエデンワなどの変態PHS端末でおなじみエイビットと中国メーカー・Baicellsの合弁会社が3G(W-CDMA)とsXGPに特化した「BaiPhone-Q8001」を発表。2019年3月発売を予定しています。

・関連記事
DDIポケットやウィルコムのプラン・端末までカバー、PHS終了にあたってワイモバイルがまとめたページが永久保存したいクオリティ | BUZZAP!(バザップ!)

【注意】PHSを持ち込むだけで犯罪者として投獄される国があります | BUZZAP!(バザップ!)

AXGPは終了?ソフトバンクが2.5GHz帯(Band 41)で5Gを2019年後半に提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加