中国でiPhone発売禁止に、Huawei・ZTE排除と合わせてスマホ市場混乱必至

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界のスマホ市場に多大な影響を及ぼしかねない事態が相次いでいます。詳細は以下から。

ブルームバーグ紙の報道によると、クアルコムがAppleによる特許侵害を訴えていた裁判で、中国・福建省にある福州中級人民裁判所がAppleが2つの権利を侵害していたことを認め、iPhoneの販売差止命令を出したそうです。

対象となるのはiPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X。

最新のiPhone XS/XS Max/XRについては販売差し止めを免れましたが、最新シリーズが世界的な販売不振で、落ち込んだ需要を旧モデルがカバーしている状況であることはかねてからお伝えしてきた通り。

中国市場はAppleの収益のほぼ20%を占めているため、旧モデルiPhoneの販売差し止めはAppleにとって決して無視できないダメージになるとみられます。

なお、Appleは「特許問題はiOS 12より前のOSを採用したiPhoneに適用されるもので、現在販売されているすべてのiPhoneは特許問題に抵触していない」と主張しています。

・関連記事
【コラム】日本政府がHuaweiとZTE排除を決定、国内キャリアの5Gに確実に影響も | BUZZAP!(バザップ!)

Huawei・ZTE排除で中国の5G立ち上げ大混乱へ、背景に情報通信産業での米中覇権争いか | BUZZAP!(バザップ!)

携帯3社もHuaweiやZTE排除へ、使用中の機器も対象に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】「iPhone XR」発売1ヶ月で大手3社が値下げへ、生産終了したiPhone Xまで復活するグダグダの事態に | BUZZAP!(バザップ!)

「1億台売れる」はずのiPhone XRが出荷3割減でiPhone 5cの二の舞か、原因はやはり割高感 | BUZZAP!(バザップ!)

MacBookより高い「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」は本当に価格に見合っているのか、改めて考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加