携帯3社もHuaweiやZTE排除へ、使用中の機器も対象に



政府方針を受け、携帯3社も中国製品を除外する方針を固めました。詳細は以下から。

共同通信社の報道によると、携帯電話大手3社が基地局などの通信設備から中国大手の製品を事実上除外する方針を固めたそうです。

これは日本政府が情報漏えいや安全保障上のリスクを懸念して、国の調達から中国製品を排除するのに足並みをそろえたもの。

使用中の機器に加え、次世代規格の第5世代移動通信システム(5G)への採用も見送るとされています。

なお、排除の念頭に置かれているHuaweiやZTEは国内キャリアと5Gの研究開発を進めている企業。

影響が出ることは必至で、詳細は先日の「【コラム】日本政府がHuaweiとZTE排除を決定、国内キャリアの5Gに確実に影響も」でお届けしています。

・関連記事
【コラム】日本政府がHuaweiとZTE排除を決定、国内キャリアの5Gに確実に影響も | BUZZAP!(バザップ!)

Huawei副会長(CFO)カナダで逮捕、ZTEに続きアメリカが制裁の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】見逃せないHuaweiやZTEの隆盛、崖っぷちに追い詰められる日本の携帯電話メーカーに生存戦略はあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

Huaweiが自社スマホへの独自プロセッサ「Kirin」搭載割合引き上げへ、クアルコムなどに影響も | BUZZAP!(バザップ!)

Huaweiが「バッテリー交換キャンペーン」実施、通常料金の半額に | BUZZAP!(バザップ!)

「Huawei Mate 20 Pro」カメラレビュー、超広角・広角・ズームを使える3眼の実力は? | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング