「廉価版ニンテンドースイッチ」今年発売へ、出荷台数は発売2年弱で早くも失速中

このエントリーをはてなブックマークに追加



2017年3月に鳴り物入りで発売された任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の売り上げに、早くも暗雲が立ちこめています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ニンテンドースイッチの出荷台数が2019年に25~30%減少すると部品メーカー関係者が明かしたそうです。

任天堂は昨年スイッチを2400万台製造する予定でしたが、売れ行き鈍化を受けて2018年後半から部品発注を引き下げており、実際に出荷されたのは2000万台に満たなかったとのこと。

同社は今年「廉価版ニンテンドースイッチ」の発売を計画していますが、需要の低迷は続き、出荷台数は1400~1500万台にとどまる見込み。成長を維持するため、主にソフトウェア開発に焦点を合わせるとされています。

・関連記事
ニンテンドー3DSの後継機は「ニンテンドースイッチの携帯版」になるようです | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂公認のスイッチ用モバイルバッテリー「Anker PowerCore 13400 Nintedo Switch Edition」レビュー、イカやポケモンのお供にどうぞ | BUZZAP!(バザップ!)

128GBなら2000円台前半、スマホやスイッチに使えるmicroSDXCカードがどんどん値下がり中 | BUZZAP!(バザップ!)

新型ニンテンドースイッチ、2019年後半に発売か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ゲームに関連した楽天商品ランキング