ASUSがスマホをハイエンド・ゲーマー特化へ、「ZenFone Max Pro M2」が最後の普及モデルか



世界初のAndroidスマホを手がけたHTCがどんどん縮小するなど、中国メーカー台頭のあおりをまともに食らっている台湾のスマホ業界。

そんな中、ASUSが今年から体制を切り替えます。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ASUSのスマホ事業新体制が発足したそうです。

これは昨年12月から同社が進めてきたもので、ビジネスの焦点を中国勢の台頭で競争が激化している一般コンシューマーでなくゲーマーおよびパワーユーザーに特化。

昨年発売したゲーミングスマホ「ROG Phone」第2弾(Snapdragon 855搭載)においてTencentとの提携を目指すほか、2019年半ば以前にハイエンドユーザー向けのZenFoneシリーズを展開するとのこと。

しかし普及価格帯のモデルについては、先日台湾で正式発表され、そう遠くないうちに日本でも発売されるとみられる「ZenFone Max Pro M2」が最後になる見通しとされています。


なお、「ZenFone Max Pro M2」はゴリラガラス6を採用した6.3インチ液晶にSnapdragon 660、5000mAhバッテリーなどを搭載。ミドルレンジ機としてはかなりバランスがよく、日本市場での正式発表も待たれます。

・関連記事
ASUSがスマホ事業縮小、ハイエンドモデルにラインナップ絞り込み | BUZZAP!(バザップ!)

XiaomiがHTCやASUS潰しか、台湾市場に安価な高性能スマホを一挙投入 | BUZZAP!(バザップ!)

ZenfoneやZenbookの修理・バッテリー即日交換も、日本初の来店型店舗「ASUS store Akasaka」は何が便利になったのか | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  2. 8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  3. 格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  4. Xiaomi「Redmi Note 11s」2万円台に値下げ、最新CPUや大画面有機EL、1億画素カメラ、液冷機構、ステレオスピーカー搭載の格安スマホに
  5. 1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」値下げ、持ちやすくナビにも使える便利なSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング