ASUSがスマホをハイエンド・ゲーマー特化へ、「ZenFone Max Pro M2」が最後の普及モデルか

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界初のAndroidスマホを手がけたHTCがどんどん縮小するなど、中国メーカー台頭のあおりをまともに食らっている台湾のスマホ業界。

そんな中、ASUSが今年から体制を切り替えます。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ASUSのスマホ事業新体制が発足したそうです。

これは昨年12月から同社が進めてきたもので、ビジネスの焦点を中国勢の台頭で競争が激化している一般コンシューマーでなくゲーマーおよびパワーユーザーに特化。

昨年発売したゲーミングスマホ「ROG Phone」第2弾(Snapdragon 855搭載)においてTencentとの提携を目指すほか、2019年半ば以前にハイエンドユーザー向けのZenFoneシリーズを展開するとのこと。

しかし普及価格帯のモデルについては、先日台湾で正式発表され、そう遠くないうちに日本でも発売されるとみられる「ZenFone Max Pro M2」が最後になる見通しとされています。


なお、「ZenFone Max Pro M2」はゴリラガラス6を採用した6.3インチ液晶にSnapdragon 660、5000mAhバッテリーなどを搭載。ミドルレンジ機としてはかなりバランスがよく、日本市場での正式発表も待たれます。

・関連記事
ASUSがスマホ事業縮小、ハイエンドモデルにラインナップ絞り込み | BUZZAP!(バザップ!)

XiaomiがHTCやASUS潰しか、台湾市場に安価な高性能スマホを一挙投入 | BUZZAP!(バザップ!)

ZenfoneやZenbookの修理・バッテリー即日交換も、日本初の来店型店舗「ASUS store Akasaka」は何が便利になったのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング