カウントフリーを総務省が規制へ、ソフトバンクやLINEモバイルなどのMVNOに激震



通信料金の低廉化を目指して700以上のMVNOを参入させたところ、市場がレッドオーシャン化したため、新たに第4のキャリアとして楽天の携帯電話事業を認可した総務省。

しかし低価格を武器としたサービスを開始する前に大手3社の通信料金を引き下げさせて楽天を苦境に追い込むなど、何がしたいのかよく分からない同省が、新たな一手を繰り出してしまうことになりました。詳細は以下から。

共同通信社の報道によると、公平な競争を妨げるおそれがあるとして、総務省がYouTubeなど特定サービスの通信料を無料にする料金プラン(いわゆるカウントフリー)を規制することが明らかになったそうです。

GAFAなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の優遇につながる可能性があることや、サービスを利用する人としない人の間で不公平感があると指摘されたことなどが理由。

通信業界に自主規制の指針策定を求める方針を固め、20日の有識者会議の中間報告書案に盛り込むとされています。

ちなみに現在、大手各社でカウントフリーを積極的に打ち出しているのはソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+


大手各社から回線を借りてサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)では、LINEモバイルがツイッターなどの各種SNSをカウントフリーにするプランを提供しています。


他社との差別化に悩むMVNOにとって特に頭の痛くなりそうな今回の問題。

「不公平だから」という理由でMNP割引を取り締まった結果、国内スマホメーカーを虫の息になってしまった経緯などを考えると、いい結果を招くかどうかは疑問です。

・関連記事
携帯各社の分離プラン夏にも義務化へ、MNPでの端末大幅割引は春商戦がラストチャンスに | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「貧乏人は中古スマホを使え」、政府の普及本格後押しで訪れるカオスな未来 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「(設備投資が1桁少ない)楽天が半額程度になる予定だから携帯料金4割下げられる」の愚、日本がモバイル先進国から脱落も | BUZZAP!(バザップ!)

5Gスマホの製造コストは10万円以上、重くて消費電力も高くmova→FOMAの再来か | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク・ワイモバイルが人員4割削減で料金値下げへ、分離プラン導入で端末は高額に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング