アマゾンでクジラが岸から15m内陸に打ち上げられる、原因は不明

このエントリーをはてなブックマークに追加



アマゾン川流域は野生動物の楽園とはいえ、まさかのクジラです。詳細は以下から。

南米のアマゾンに多種多様な動植物が生息しているのはドキュメンタリー番組などでもお馴染みの通り。ですが、そんなアマゾン川の島になんとクジラが打ち上げられ、世界的に話題になっています。

今回クジラが打ち上げられたのは北ブラジルのマラジョ島。マラジョ島は北をアマゾン川、南をパラ川にはさまれた、いわば巨大な中州。四方を淡水に囲まれた島としては世界最大で、その面積は九州を上回ります。

発見されたのは全長8mで1歳ほどのザトウクジラ。浜辺に打ち上げられて死ぬクジラの映像は時折ニュースなどでも目にしますが、このクジラはなぜか島の浜辺から15mも内陸で発見されました。


どうしてこんな場所で見つかったのかは原因不明ですが、科学者らがクジラの身体からサンプルを採取し、今後究明に当たるとのこと。


通常ザトウクジラはこの時期にアマゾン川付近にはいないため、若いクジラが群れからはぐれて強いストレスで島に突進したという説明もありますが、どのようにして15mも内陸にまで入り込んだかは謎。潮の満ち引きも関係している可能性があるとのこと。

こうしたクジラの異常行動には、環境からのストレスが関係しているとされていますが、太陽フレアや船舶のソナーなどでも行動に異常が生じる事が知られています。

・関連記事
【IWC脱退】「反捕鯨国人が日本に来たら鯨をどっさり食わせる」自民党二階幹事長、とんでもないオモテナシ宣言をしていた | BUZZAP!(バザップ!)

クジラ死骸踏みつけ写真が最優秀賞で炎上→審査員「生きてると思った、勇気がある、感動」でさらに大炎上 | BUZZAP!(バザップ!)

イルカがフグ毒を経口摂取してトランス状態になって遊んでいることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

名状し難き体長15mの謎の巨大生物がインドネシアの浜辺に打上げられる | BUZZAP!(バザップ!)

「法整備がまだで影響も分からないから」日本がG7の「海洋プラスチック憲章」への署名を米と共に見送り | BUZZAP!(バザップ!)

イルカは高い知性とモラルを持つ平和的な動物では「ない」という調査結果 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング