糖尿病の少年にインシュリンの代わりにラベンダーオイルを薦めた自称薬草医、少年死亡で逮捕

このエントリーをはてなブックマークに追加



代替医療での死亡事例により児童虐待と認定されました。詳細は以下から。

医療の発展と並行して世に広がっている様々な代替医療。とはいえその質は漢方薬や各種の生薬のように実際に効果的なものから、薄めた毒素を混ぜ込んだ砂糖玉のようなものまで千差万別です。

個々人の体質や副作用の辛さなどから代替的な医療を用いるケースは少なくありませんし、どのような医療を受けるかという自己決定権についてはインフォームドコンセントなどの文脈からも議論が進められています。

ですが未成年者に対して正統的な医療を否定して代替医療を薦めた結果、患者が死に至り、メディカルハーブ会社の創始者であり自称薬草医だったTimothy Morrow氏が逮捕されました。

Morrow氏は40代の時に前立腺がんを患い、5年間の闘病の後に正統的な医療を捨ててハーブと食生活の改善によって治癒。その後1985年にメディカルハーブを販売するCommon Sense Herbs社を創始しました。84歳のMorrow氏は現在も健康で、メディカルハーブの普及に努めています。


問題の始まりは、その講演を聞いたMadrigal Lopezさんが糖尿病の息子についてMorrow氏のアドバイスを求めたこと。

Morrow氏は、糖尿病治療に使われるインシュリンは毒物だとしてすぐに使用を止めるように忠告。その代わりにCommon Sense Herbs社の販売するラベンダーオイルをはじめとしたハーブを使うように指示しました。

両親はそのアドバイスを受けて13歳のEdgar Lopez君のインシュリンの使用を中止。その直後からEdgar君は食べ物を受け付けず嘔吐を繰り返すようになり、体重が激減。呼吸が困難になり体温も低下してしまいました。


この時点でMorrow氏は家族に対し、現在Edgar君に起こっているのは好転反応であり、毒出しデトックスの最中だからインシュリンを使ってはいけないと指示しています。

父親のDelfino Lopez Solisさんは「Morrowはもし私たちが息子を病院に連れて行けば、息子はそこで殺されることになると言った」と裁判で証言しています。ですがその後、ラベンダーオイルを塗り続ける中でEdgar君は死亡することになります。

MadrigalさんはEdgar君の死の前に、Edgar君本人から求められたにもかかわらず、Morrow氏の「インシュリンは毒だ」という主張を信じてインシュリンを使わせませんでした。

Madrigalさんは証言台で「最後のMorrowへの電話の時、息子は彼に『911に電話していい?911に電話していい?』と聞いていました。息子はそれ以上息をすることができませんでした」と述べています。この時のMorrow氏の返事は「No」でした。

Morrow氏の弁護士はCommon Sense Herbs社の全ての製品に「この製品はいかなる病気を診断、治療、治癒、予防する事を意図していない」とMorrow氏によって但し書きがされていたと主張。

しかしMadrigalさんはMorrow氏が自社製品の「Pancreas Reg(膵臓再生タンパク質)」は「神のインシュリン」であり本物のインシュリンの代用になると主張していたことを裁判で証言。

法廷はMadrigalさんがMorrow氏に洗脳されていたと結論づけ、Morrow氏を無免許での医療行為と児童虐待で禁錮4ヶ月の判決を下し、Edgar君の家族に5000ドル(約55万円)の支払いを命じました。

大人が自己責任で代替医療を選択する自由はあります。しかし自ら医療行為を選択できない親の保護下の未成年に対し、正規の医療を否定して代替医療を強要することが犯罪行為だと認定されたことになります。

あなたの周りにもこんな代替医療、もっともらしい顔で転がっていませんか?最悪の結果を避けるためにも、本人たちの弁だけでなく、しっかりと反対意見も調べておく必要がありそうです。

科学的根拠をもとに解説 新装版 「ニセ医学」に騙されないために
内外出版社 (2018-11-29)
売り上げランキング: 22,431

暮らしのなかのニセ科学 (平凡社新書)
左巻 健男
平凡社 (2017-06-15)
売り上げランキング: 68,547

・関連記事
米FDAがホメオパシーの乳児向け製品の使用中止と破棄を勧告、10人が死亡400人が健康被害の可能性 | BUZZAP!(バザップ!)

山本太郎議員が極右カルト「日本母親連盟」の講演会で主催者をフルボッコにしてしまう | BUZZAP!(バザップ!)

不食を実践し、太陽光のみで生きようとしたスイス人女性が餓死 | BUZZAP!(バザップ!)

スピリチュアルヒーラーの女性、イルカの助けを借りての「海中出産」を計画 | BUZZAP!(バザップ!)

オーガニックフードは「地球の気候に優しくない」事が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加