「ゴリラガラス6」はどれだけ落下に耐えられるのか、「ZenFone Max Pro M2」発表会で実演デモ



本日ASUSが発表した本気の格安スマホ「ZenFone Max Pro M2」。

お手ごろ価格ながら、コーニング社最新の「ゴリラガラス6」が採用されていますが、その実力がお披露目されました。詳細は以下から。

ZenFone Max Pro M2発表会場に設置されたテスト装置。「スマホのガラスだけを割る機械かよ!」とツッコミたくなるような見た目です。


ガラスをサンドペーパーを取り付けた台座に叩き付けるだけの簡単な仕組みです。


一般的なスマホのガラスフィルムだと、膝上を装丁した高さでバキバキになります。


ではゴリラガラス6はどうなのか。衝撃の結末は以下のムービーでご覧下さい。

・関連記事
ASUS本気の格安スマホ「ZenFone Max Pro M2/Max M2」速攻レビュー、性能大幅アップで1ヶ月以上の待ち受けも | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSが「ZenSIM」発表、通信料金大幅割引&データ増量キャンペーンも | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSがスマホをハイエンド・ゲーマー特化へ、「ZenFone Max Pro M2」が最後の普及モデルか | BUZZAP!(バザップ!)

ZenfoneやZenbookの修理・バッテリー即日交換も、日本初の来店型店舗「ASUS store Akasaka」は何が便利になったのか | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSがスマホ事業縮小、ハイエンドモデルにラインナップ絞り込み | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング