ソニーがスマホ部門の人員半減や工場閉鎖へ、世界シェア1%未満に



ソニーがスマホ部門を大幅に縮小します。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、ソニーはスマホ事業の人員4000人を2020年3月末までに最大で半減させるそうです。

これは2018年度のスマホ販売台数が17年度比で半減、5年前の実に1/6となる650万台の見通しとなったことを受け、固定費の削減を進めるためのもの。なお、世界シェアは1%を割り込んでいます。

すでにスマホ事業は2019年度まで3年連続で営業赤字の見通しで、3月末に中国のスマホ工場での生産を終了させ、工場自体も閉鎖する方針。今後Xperiaの生産拠点はタイに集約されます。

なお、ソニーは構造改革の一環としてテレビとカメラ、スマホなどの事業を「エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション」事業に統合。

統合することで今までの部門の壁を越えた連携を実現し、スマホ事業の巻き返しを図ることになりますが、どうしてもっと早く手を打っておかなかったのか……という気がしてなりません。

・関連記事
「Xperia XZ3」のカメラ酷評、iPhone 7やGalaxy S6に負ける屈辱のスコア「79」で43位に | BUZZAP!(バザップ!)

PS1~PS4との互換性を持つ「PS5」登場か、ソニー社長が「PS4の後継機」開発中とコメント | BUZZAP!(バザップ!)

次世代スマホ「Xiaomi Mi9」いきなり格安価格に、国内未発売のSnapdragon 855やソニーの4800万画素3眼カメラなど盛りだくさん | BUZZAP!(バザップ!)

「Huawei P30 Pro」発表、ISO感度409600・最大50倍ズームの月まで撮れるカメラでiPhone XSやGalaxy S10を周回遅れに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング