対ドローン散弾銃搭載ドローン、通常兵器レベルに到達してしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加



これはもう完全に兵器です。私たちは遠くない将来、戦場でこうしたドローンを相手に戦うことになるのかもしれません。詳細は以下から。

ドローンの発展を追いかけるように開発が続けられるドローン対策。電波で動きを封じたり、ネットを射出して捕獲する他、オランダ警察は鷹を訓練して捕獲させようとしたこともありました。

もちろんその間にもドローンの技術は日進月歩で進んでおり、文字通りのいたちごっこの状態になっていました。そんな中で、ロシアでは遂にショットガンを搭載したドローンでドローンを撃ち落とすという、極めてシンプルな回答に辿り着きました。

ロシア対空防衛システム製造企業「アルマズ・アンテイ」社が開発したのは垂直離陸の可能な重さ22kgの飛行機型ドローン。最大滞空時間は40分で、12口径フルオートマチックのショットガン「Vepr-12」を搭載しています。

Vepr-12はロシアの超有名アサルトライフル、AKシリーズに酷似していますが、打ち出すのは12番の装弾。以下動画では実地テストでの離陸からフライト、撃墜に着陸までの一部始終を見ることができます。


空を飛ぶ小さなドローンを撃ち落とせるのであれば、地上にへばりついた動きののろい、そして的の大きな人間を撃つのがさらに容易であることは言うまでもありません。

私たちはこのいたちごっこの果てに、どこに辿り着くことになるのでしょうか。

・関連記事
まるで漫画、ドローン捕獲用ランチャー「Skywall 100」のやり過ぎ感がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

オランダ警察、ドローン捕獲用に鷲の訓連を開始 | BUZZAP!(バザップ!)

電波を使って動きを封じる「対ドローン専用ライフル」が登場 | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】一方、ロシアは投げ槍でドローンを撃墜した | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加