「arrows U」速攻レビュー、5年半ぶりのソフトバンク向け新機種は誰でも使える日本仕様の1台に



実に5年半ぶりとなるarrowsシリーズがソフトバンクの2019年夏モデルとして発表されたため、レビューをお届けします。

分離プラン導入で端末代が高騰する中、リーズナブルな価格帯で提供されるモデルですが、決して性能面で妥協していません。詳細は以下から。

これがarrows U本体。約5.8インチフルHD+(2280×1080)液晶にSnapdragon 450、3GB RAM/32GB ROM、800万画素前面カメラを備えたエントリースマホです。


背面にはボケのある写真を撮れる1310万画素+500万画素のデュアルカメラと2880mAhバッテリーを搭載。


実際に触ってみたところ。エントリーモデルではあるものの動作はスムーズで、特に不満はありません。


側面などはこんな感じ。




USB Type-C端子を搭載しています。


そんなarrows Uの大きな特徴が「シンプルモード」。


シンプルなメニュー画面に読みやすい文字を実現したことで、シニアユーザーでも使えます。


実際に触ってみたところ。これなら使いやすいのではないでしょうか。


カラーバリエーションは3色




ちなみにarrows Uはおサイフケータイにも対応で防水・防塵にも対応した「日本仕様」の1台。

あなたの(your)、ユニバーサル(universal)、ユースフル(useful)などの意味を「U」に込めたarrows U。ガラケーからの乗り換え需要にも応えられそうな1台です。

・arrows U(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)
ディスプレイ:約5.8インチフルHD+(2280×1080)液晶
プロセッサ:Snapdragon 450
RAM、ROM:3GB RAM/32GB ROM
バッテリー:2880mAh
背面カメラ(メイン):1310万画素
背面カメラ(サブ):500万画素
前面カメラ:800万画素

・関連記事
ソフトバンクが2019年夏モデル発表、2万円以上のPayPay還元も | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが月額980円の「スマホデビュープラン」発表、PayPay還元で実質半年間無料に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが高度2万メートルの基地局40基で日本列島をカバーできる「成層圏通信(HAPS)」事業化へ | BUZZAP!(バザップ!)

5Gの周波数はドコモとKDDIへ重点的に割り当て、ソフトバンクと楽天は「条件付き」で各社に温度差も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  4. XiaomiがOSアップデートを3世代前のスマホにも提供へ、OS軽量化で快適なレスポンスも
  5. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性

モバイルに関連した楽天商品ランキング