世界最高のスマホ向け6400万画素センサー「ISOCELL Bright GW1」登場、人間の目に近いダイナミックレンジを実現

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホカメラがどんどん進化しています。詳細は以下から。

Samsungのプレスリリースによると、同社は0.8μメートルの微細ピクセルを採用したイメージセンサー「ISOCELL Bright GW1(6400万画素)」「ISOCELL Bright GW2(4800万画素)」を今年後半に量産するそうです。

今回開発された2つのイメージセンサーは暗いところで4つのピクセルを1つのピクセルとして扱い、明るい写真を撮ることができるのが特徴。

最大100dBのリアルタイムHDRをサポートすることで、より豊かな色合いを実現。従来のイメージセンサー(約60dB)から飛躍的に進化しただけでなく、人間の目(通常約120dB)に近づけることに成功しています。


さらに高性能の位相検出オートフォーカス技術「Super PD」を実現し、さらに正確にピントが合うようになったほか、480fpsのスローモーション動画をフルHDで撮影可能に。

ソニーの4800万画素スマホ向けセンサーと真っ向からぶつかることとなりそうです。

・関連記事
次世代スマホ「Xiaomi Mi9」大容量モデルも値下がり、Snapdragon 855&ソニーの4800万画素3眼カメラ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

「Huawei P30 Pro」発表、ISO感度409600・最大50倍ズームの月まで撮れるカメラでiPhone XSやGalaxy S10を周回遅れに | BUZZAP!(バザップ!)

【大人気】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」、またしても国内最安値より大幅値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング