「スレイヤーズ」第三部始動で本編17巻発売へ、大ヒットの「アテッサの邂逅」に続くファン待望の新展開

このエントリーをはてなブックマークに追加



待ちに待った時が来たのだ……。詳細は以下から。

本日発売の月刊ドラゴンマガジン2019年7月号によると、「スレイヤーズ」第三部が始動した旨が告知されています。


発売早々恐ろしい勢いで売れに売れ、今なお根強いファンがいることを世間に知らしめることとなった本編16巻「アテッサの邂逅」はファンサービスの色合いが強い内容でしたが、2000年刊行の「デモン・スレイヤーズ」後の世界がいよいよ本格的に描かれることとなります。

なお、第三部といえばどうしても思い浮かんでしまうのが、記憶を失ったリナ=インバースが本編・すぺしゃる両方のキャラクターとパーティーを組みながら諸国を巡り、やがて自身の記憶がない理由が配下に神官1人のみを置く超大物魔族の暗躍によるものであったことを知るという内容のSFC版。

しかし誌面では作者・神坂一氏による以下のようなコメントが掲載されており、パラレル的な設定になるもよう。

イメージとしては正史というより、ありえる可能性の一つとしての第三部、TVのTRYやコミック版水竜王の騎士とはパラレルな存在、とゆーことになるんでしょうか。


また、最新刊となる本編17巻については「そこにはリナとガウリイの新たな出会い、まだ見ぬ国、さらには新しい魔術体系までもが綴(つづ)られ、一冊では到底おさまらない、冒険の始まりが示唆されていた。そう、待望の第三部が動き出したのだ!」とされています。

第三部始動に寄せたあらいずみるい先生のイラスト。否が応でも期待が高まります。

・関連記事
スレイヤーズの「竜破斬(ドラグ・スレイブ)」Tシャツ登場、赤眼の魔王があなたのファッションをサポート | BUZZAP!(バザップ!)

発売当日に完売したスレイヤーズ本編16巻が竜破斬級の大重版決定、カバーデザイン追加も | BUZZAP!(バザップ!)

18年ぶりのスレイヤーズ最新刊にファン熱狂、発売当日に版元・KADOKAWAの在庫まで完売 | BUZZAP!(バザップ!)

スレイヤーズ本編16巻「アテッサの邂逅」大反響、Amazon完売&Kindleベストセラー1位の快挙を成し遂げる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加