「ファーウェイのAndroid排除は逆に安全保障上のリスク」Googleがアメリカ政府に禁輸免除を訴える

このエントリーをはてなブックマークに追加



Huawei排除は悪手とGoogleは考えているようです。詳細は以下から。

ブルームバーグ紙の報道によると、Googleがアメリカ政府に対し「Huaweiへの輸出規制を進めていけば、アメリカの国家安全保障を損なうリスクとなる」と警告しているそうです。

HuaweiスマホへのAndroid輸出禁止が続いた場合、GoogleはOSアップデートを提供できなくなりますが、中国に独自OSの開発を促すことにつながる可能性があるとのこと。

仮にHuaweiがAndroidをベースに自前で独自OSを開発した場合、ハッキングなどの各種リスクに対して脆弱になる可能性があり、ひいては安全保障上のリスクにつながるとしています。

また、「Huawei版Android」が普及すれば検索や広告をはじめとしたGoogleの各種ビジネスにも影響するため、Googleは商務省と協力して解決策を見つけていると報じられています。

・関連記事
中国が5Gに20兆円規模を投資しファーウェイなど支援、なお日本はドコモすら5年で1兆円 | BUZZAP!(バザップ!)

「Huawei P30 lite」などのファーウェイ製品、アマゾンが直販再開 | BUZZAP!(バザップ!)

ファーウェイ製品で再びSDおよびmicroSDカード利用可能に、Wi-FiやBluetoothなどの標準化団体にも復帰 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク傘下のARMもファーウェイに製品提供中止へ、スマホ製造を完全に終わらせる致命的な措置に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加