Facebookイベント「エリア51急襲計画」参加者が120万人規模に拡大、米空軍も緊急警告

このエントリーをはてなブックマークに追加



Facebook上のネタイベントかとも思われていましたが、120万人を超える参加者が予定され、米空軍も反応する事態にまで発展しています。詳細は以下から。

エリア51はアメリカ空軍によって管理されているネバダ州のラスベガスから北北西約200kmに位置する地区。

グルーム・レイク空軍基地という正式名称がありますが、長らくアメリカ合衆国連邦政府はその存在を明確に認めて来ておらず、2013年になってようやく、情報公開請求に基づきCIAが資料を公開する形で公式に認めました。


極めて厳重な立ち入り禁止区域であり、ステルス機をはじめとする最新鋭の航空機の極秘テストを行っているとされてきましたが、むしろ「エイリアンと共同でUFOの研究をしている」といったオカルトネタの震源地として世界的に知られています。

映画「インデペンデンス・デイ」やドラマ「Xファイル」でもエリア51は重要な役割を果たし、コメディ映画「宇宙人ポール」でもこのネタは存分に使われています。

そんなエリア51を急襲して真実を明るみに出そうという企画がFacebook上のイベントStorm Area 51, They Can't Stop All of Usとして登録され、話題をさらっています。

これは2019年9月20日にイベント参加者らが一斉にエリア51の最深部へと突撃しようというもの。現在までに123万人が参加予定となるなど、巨大なネットミームとなっています。


とはいえ綿密な計画があるわけではなく、ナルト走り(編集部注:「NARUTO -ナルト-」のアニメで登場人物らが腕を後ろに伸ばす走り方)すれば銃弾よりも速く動ける」などと書き込んでおり、基本的にはネタイベントと言えそうです。


ですが121万人もの参加予定者がいれば、ネタをネタとして見抜けずに真に受ける人が0.1%いると1000人以上がエリア51にナルト走りで突撃することになってしまいます。

こうした事態にアメリカ合衆国空軍のLaura McAndrews報道官は緊急声明を発表

エリア51はアメリカ合衆国空軍の訓練地である。我々がアメリカ軍を訓練する地域に侵入を試みる事は、例え誰であれ思いとどまるよう警告する。

我々アメリカ合衆国空軍は常にアメリカ合衆国とその資産を防衛できる立場にある。

当然ながら、こうした声明により「アメリカ合衆国政府が宇宙人の存在を隠してUFOを開発している」という主張の信憑性は確固たるものになった…とオカルトマニアらには捉えられてしまう可能性もあります。

果たしてエリア51急襲計画は実行されるのでしょうか?そして、アメリカ合衆国政府は本当に極秘裏にエイリアンと共にUFO開発を行っているのでしょうか?

エリア51 世界でもっとも有名な秘密基地の真実 (ヒストリカル・スタディーズ)
アニー・ジェイコブセン
太田出版
売り上げランキング: 344,484

・関連記事
【動画あり】チリ政府がUFOの映像を公開、2014年に海軍ヘリが遭遇し撮影 | BUZZAP!(バザップ!)

陰謀論者に「地震兵器!!」と大人気の高周波活性オーロラ調査プログラム「HAARP」が一般公開を実施 | BUZZAP!(バザップ!)

CIAが機密指定を解かれたUFO目撃に関する数百ものファイルをオンラインで公開、UFO研究のための10箇条も | BUZZAP!(バザップ!)

飛行場の上空を飛ぶUFO(未確認飛行物体)を撮影した動画がFacebookで話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に関連した楽天商品ランキング