期待の最上級格安スマホ「UMIDIGI X」はなんと1万円台、4800万画素トリプルカメラに有機ELディスプレイ搭載で8月26日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加



低価格帯ながらハイスペックなスマホを連発する新進気鋭のスマホメーカー、Umidigiのフラッグシップモデル「UMIDIGI X」まさかの2万円を割ることが判明しました。詳細は以下から。

1万円台からのハイコスパスマホでおなじみのUmidigiが日本時間8月26日16:00にフラグシップモデルとなるUMIDIGI Xを世界同時発売します。この際の公式価格が179.99ドル(約19200円)であることが判明しました。


これは近いスペックを持つ「Xiaomi Mi A3」の279ドルよりも1万円も安くなるという驚異的な価格設定となり、格安スマホの雄であるUmidigiの面目躍如といったところでしょうか。


性能をおさらいしてみましょう。「UMIDIGI X」はティアドロップ型ノッチの6.35インチHD+(1548x720)有機ELディスプレイを採用したAndroid 9 Pieスマホ。格安スマホでありながら、発色が良く消費電力の低い有機ELを採用したことは素直に褒めたいところです。


MediaTekのAI対応プロセッサ「Helio P60」に4GB RAM/128GB ROMを搭載しており、記録容量は十分。microSDカードもあります。厚み8.1mmと薄いにもかかわらず大容量の4150mAhバッテリーを採用し、18Wでの急速充電もできます。



特筆すべきはサムスンの4800万画素イメージセンサー「GM1」を搭載したF1.79のメインカメラに800万画素の120度超広角カメラ、500万画素の被写界深度測定用カメラの3眼仕様な点。



4つ画素を1つとして扱うことで画素サイズを倍の1.6μmに増やし、暗所撮影性能を高める「Tetracell」技術によって、暗いところでも明るくきれいに撮影できてしまいます。

/
フロントカメラは自撮り特化型の1600万画素、F2.0の5Pレンズ搭載で、顔を自動で認識して肌の明るさなどもAI制御で調整してくれるとのこと。また「UMIDIGI X」ではHuaweiやXiaomiと同じGoodixの最新のディスプレイ指紋認証が採用されています。


「UMIDIGI X」の紹介動画は以下から。


なお、技適マークの問題はあるものの、3G(W-CDMA:Band 1/2/4/5/6/8/19)および4G(FDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28A/28B/66、TD-LTE:38/40/41)に対応。ドコモ/au/ソフトバンクのネットワークをサポートしています。

加えて20台限定ですが同機のトライアルユーザーにエントリーすることもできます。詳細はこちらのエントリーページから、SNSでのフォローやアンケートへの回答などでエントリーがアンロックされます。


なお、Umidigiは同日にワイヤレスイヤホンUpodsも発表予定。Bluetooth 5.0に対応し、4時間の連続使用が可能。また600mAh充電ボックスを用いて、24時間利用することができます。通常価格19.98ドルのところ、発売日のみ10000個限定で9.98ドルにて購入できます


AliexpressからUmidigi Xを購入すると、最初の1000個はUpodsが無料で付属してくるキャンペーンも実施されるため、両方欲しい人はこちらを利用してみてもよさそうです。

・関連記事
1万円台でトリプルカメラの爆安スマホ「UMIDIGI A5 Pro」が5月21日に発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

最強カメラの格安スマホ「UMIDIGI S3」2万円台で発売へ、ソニーの最新4800万画素センサー「IMX586」採用 | BUZZAP!(バザップ!)

超格安スマホで人気沸騰のUMIDIGIがフラグシップモデル「F1」発売、1週間限定で2万円ちょいになるセール中! | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加