ドコモやauユーザーのスマホ代まで半額にする「半額サポート+」をソフトバンクが発表



引き続き高騰が続くとみられるスマホ本体代。

「4年縛りになる」として総務省が禁じたソフトバンクの「半額サポート」が、装いを新たに復活します。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2019年9月13日から「半額サポート+」を提供するそうです。

半額サポート+は対象機種を48回払いで購入し、25ヶ月目以降にソフトバンクが指定する方法で指定機種を購入すると、査定完了日が属する請求月の翌請求月以降の旧機種の分割支払金の支払いが不要になるプログラムで、月額390円の利用料が必要。


高額化が進むiPhoneも半額サポートでこの通り。もし査定条件を満たさなかった場合、2万円支払う必要がありますが「あんしん保証パック with AppleCare Services」「あんしん保証パック」「あんしん保証パックプラス」加入者は2000円で済みます。


また、今回からソフトバンク回線契約の有無は必要なくなり、ドコモやauをはじめとした他社ユーザーも契約可能に。つまりソフトバンクが大々的に街の携帯電話屋さんを始めることになるわけです。


半額サポート+は9月13日提供開始。ソフトバンク以外のユーザーは9月26日からとなります。

・関連記事
ワイモバイルが新プラン「スマホベーシックプラン」発表、2年縛り撤廃で2年目値下げのはずが容量削減や実質値上がり | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが新料金プラン発表、「2年縛り」撤廃で分かりやすい内容に | BUZZAP!(バザップ!)

「長期割引は1ヶ月分まで、スマホ本体は2万円が上限」携帯料金の割引が大幅に制限へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  4. 「Xperia 1 V」本体写真流出か、カメラセンサー大型化で発熱問題の解消に期待も
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング