ワイモバイルが新プラン「スマホベーシックプラン」発表、2年縛り撤廃で2年目値下げのはずが容量削減や実質値上がり



ワイモバイルが2019年10月以降、新プランを提供することになりました。詳細は以下から。

◆縛りなし、12%値下げの新料金プラン
まず見てもらいたいのが、本日発表されたワイモバイルの新プラン

「スマホプラン」改め「スマホベーシックプラン」で、2年縛りを撤廃。14ヶ月目以降の料金を比較(いずれもおうち割光セットまたは家族割引サービス適用)すると、2480円から12%値下がりした2180円になりました。


新プラン「スマホベーシックプラン」はプランS、M、Rの3種類。「ワンキュッパ割」に代わる「新規割(月額700円引き)」と「おうち割光セット」ないし「家族割引サービス」適用で月額1480円から利用できます。


◆新料金プラン、本当にリーズナブル……?
値下がりしたことを大々的に訴える新料金プラン。しかしいくつか気になるポイントがあります。

・2年目を値下げした代わりに、1年目に受けられる割引期間が短くなっている
最も気になるのはこの部分で、旧プランでは1年目は1480円、2年目は2480円から利用できたはずが、新プランでは加入翌月~7ヶ月目まで(つまり半年間)は月額1480円、それ以降は2180円となります。

つまり旧プランで2年間利用した場合、1480円×12ヶ月+2480円×12ヶ月で4万7520円になるのに対し、新プランでは1480円×6ヶ月+2180円×18ヶ月=4万8120円になります。

・スマホプランLは月間21GB使えたのに、スマホベーシックプランRは13GB
さらに新設される「スマホベーシックプランR」で利用できる通信量は13GB。以下の従来プランと比較すると基本料金が500円減る(2年トータルの料金差は新プランが1万円だけ安い)代わりにデータ通信量が8GB(2年トータルで192GB)も減ってしまうため、実質的な値上げと考えざるを得ません。


なお、ワイモバイルは新プラン提供に合わせて「Android One S5」を4万9200円から2万9455円、「かんたんスマホ」を5万5200円から4万2546円に値下げするなど、スマホ本体の値下げや36回分割払いを導入する見通し。

しかし今までのような「本体価格実質0円」を実現するような割引は行われなくなるため、新プランを見る限りトータルでの支払額は上がる傾向になるとみられます。

・関連記事
ワイモバイルが一括5円でスマホ、タブレット、ルーターを販売する「おトクなる5周年キャンペーン」展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

【復旧】ソフトバンクやワイモバイルで今年2回目の通信障害、「通信サービスがありません」と表示される報告多数 | BUZZAP!(バザップ!)

「長期割引は1ヶ月分まで、スマホ本体は2万円が上限」携帯料金の割引が大幅に制限へ | BUZZAP!(バザップ!)

月額4880円の「auデータMAXプラン Netflixパック」提供へ、まさかの完全定額値下げで家族割の条件緩和も | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】KDDIとソフトバンクが5G基地局相互利用、共同施工で地方のネットワーク早期整備へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」大幅値下げ、ハイエンドスマホ級の8GBメモリ搭載で動画もゲームもナビにも使える性能十分のSIMフリーモデルに
  3. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  4. XiaomiがOSアップデートを3世代前のスマホにも提供へ、OS軽量化で快適なレスポンスも
  5. 【追記あり】「Xiaomi 13」国内発売か、Snapdragon 8 Gen 2最速搭載で1インチセンサーの「Pro」含め12月8日発表の可能性

モバイルに関連した楽天商品ランキング