ソフトバンクが新料金プラン発表、「2年縛り」撤廃で分かりやすい内容に

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型iPhoneに合わせ、ソフトバンクが9月13日から新料金プランを提供します。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2019年9月13日から新料金プランを提供するそうです。同プランは10月から施行される総務省の新ルールに準拠したもの。

新料金プランではまずデバイスごとに異なっていた基本料金を月額980円の「基本プラン(音声、データ)」に統一。基本プラン(音声)には、国内通話が24時間無料になる「定額オプション(月額1500円)」、1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション(月額500円)」も提供されます。


データ定額サービスはスマホやケータイなどのデバイスに応じた「データプラン50GB+」「データプランミニ」「データプラン1GB(スマホ、ケータイ)」「データプラン100MB」「データシェアプラス」に。テザリングは「テザリングオプション(月額500円)」が別途必要です。


「ウルトラギガモンスター+」「ウルトラギガモンスター+ forデータ」は「1年おトク割」「おうち割 光セット」「みんな家族割+」を適用すると月間50GB(その他カウントフリーサービス複数あり)のデータ通信が3480円から利用できるようになります。


段階制プラン「ミニモンスター」「ミニモンスター forデータ」は、各種割引によって月額1980円から利用可能。


「スマホデビュープラン」「ケータイ1GBプラン」はこんな感じ。


なお、ソフトバンク新プランの特徴は「なるべくわかりやすさを目指したところ」。

契約期間も契約解除料もない、いわゆる「2年縛り」を無くしたプランに一本化し、縛りの有無による料金差を無くしたほか、今までの同社のプランによくあった「但し書き」を極力減らしている印象です。

・関連記事
「長期割引は1ヶ月分まで、スマホ本体は2万円が上限」携帯料金の割引が大幅に制限へ | BUZZAP!(バザップ!)

月額4880円の「auデータMAXプラン Netflixパック」提供へ、まさかの完全定額値下げで家族割の条件緩和も | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】KDDIとソフトバンクが5G基地局相互利用、共同施工で地方のネットワーク早期整備へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加