ソフトバンクが「半額サポート+」を「トクするサポート」に名称変更、SIMロック即日解除も可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



「最大半額」というフレーズに物言いが付いたことを受け、ソフトバンクがスマホ本体代の負担を下げる「半額サポート+」を改名することになりました。内容も一部変更されます。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2019年10月10日から「半額サポート+」の名称を「トクするサポート」へ変更するそうです。名称変更に伴うプログラム内容の変更はなし。


また、購入したスマホは購入から100日間はSIMロックを解除できませんでしたが、ソフトバンクとの契約がないユーザーを対象にクレジットカード払いで購入することを条件としてショップでの即日解除に対応するとのこと。

ソフトバンクの回線契約があるユーザーのSIMロック解除の対応方法については、決まり次第告知するとしています。

なお、未払い対策のためかSIMロック即日解除について、今後デポジット制の導入を予定しているとしており、こちらも決まり次第告知するされています。

・関連記事
「スマホ最大半額」に消費者庁が注意喚起、ソフトバンクやauの各種条件を問題視 | BUZZAP!(バザップ!)

「端末代金との合計額がほぼ変わらない」政府が携帯料金さらなる引き下げ要請へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモがファーウェイの5Gスマホ採用見送りへ、KDDIやソフトバンクも追従か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング