ソフトバンクが2019年秋冬モデル発表、2画面折りたたみスマホ「LG G8X ThinQ」など5機種

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクが2019年秋冬モデルを発表しました。

先に発表済みのワイモバイル4機種や「Google Pixel 4」と合わせて、実に10機種になります。詳細は以下から。

・LG G8X ThinQ(2019年12月上旬以降)
約6.4インチフルHD+(2340×1080)有機ELディスプレイにSnapdragon 855、6GB RAM/64GB ROM、1200万画素および1300万画素超広角(136度)デュアルカメラ、3200万画素前面カメラ、4000mAhバッテリー搭載のハイエンドスマホ。

ディスプレイ搭載の専用ケース「LGデュアルスクリーン」を使えば2画面のマルチタスクが可能な折りたたみスマホになります。


・Xperia 5(2019年10月25日発売)
約6.1インチフルHD+(2520×1080)有機ELを採用した21:9シネマワイドディスプレイにSnapdragon 855、6GB RAM/64GB ROM、3000mAhバッテリーを備えながらも幅約68mmを実現したハンドフィットスマホ。

標準、望遠、超広角のトリプルレンズカメラにはソニーの一眼で培われた「瞳AF」を採用するなど、コンパクトながらXperia 1と同じ性能に。


・AQUOS zero2(2020年1月下旬以降)
激しい動きのゲームなどに適した4倍速表示に対応した約6.4インチフルHD+(2340×1080)有機ELディスプレイにSnapdragon 855、8GB RAM/256GB ROM、3130mAhバッテリーを備えた140グラムの軽量ハイスペックスマホ。

AQUOSシリーズ初となる画面内指紋センサーを備えたほか、充電ICを2つ搭載することによって発熱源を分散する「パラレル充電」に対応。充電時の発熱を抑えられるので、充電しながらでもパフォーマンスが落ちにくいという、かなり攻めた作りです。


・AQUOS sense3 plus(2019年12月上旬以降)
リアルかつ色鮮やかな表現が可能な約6.0インチフルHD+(2220×1080)IGZO液晶にSnapdragon 636、4GB RAM/64GB ROM、4000mAhバッテリー、立体音響ドルビーアトモス対応ステレオスピーカーを備えたお手ごろエンタメスマホ。


・キッズフォン2(2019年12月上旬以降)
約3.1インチWVGA(800×480)液晶にカメラ(200万画素前面/500万画素背面)、1490mAhバッテリーを備えた防水(IPX5/IPX7)防塵(IP5X)耐衝撃モデル。3G(W-CDMA)および4G(FDD-LTE/AXGP)対応です。


また、「Xperia 5」「Xperia 1」「LG G8X ThinQ」購入者に5000円相当、「LG K50」購入者に3000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされる「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」も実施されます。

“ソフトバンク”の秋冬商戦向け新商品について | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク

・関連記事
ドコモショップがサポート有償化へ、ソフトバンクも | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「半額サポート+」を「トクするサポート」に名称変更、SIMロック即日解除も可能に | BUZZAP!(バザップ!)

【?】「端末代金との合計額がほぼ変わらない」政府が携帯料金さらなる引き下げ要請へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング