ASUS渾身の「ROG Phone II」レビュー、120Hzの超ぬるぬる表示を実現した超高性能ゲーミングスマホ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ASUSが本日ゲーミングスマホ第2弾「ROG Phone II」の国内版をお披露目したため、レビューをお届けします。詳細は以下から。

◆スマホとして見る「ROG Phone II」
まずは「ROG Phone II」のスマホとしての側面を解説。6.59型フルHD+(2340×1080)有機ELディスプレイに、最先端プロセッサのSnapdragon 855 Plus、12GB RAMを備えたフルスペックAndroid 9.0スマホです。


ディスプレイのリフレッシュレートは60Hz/90Hz/120Hzから選択可能。1msの超高速レスポンスを実現しています。


手に持ってみたところはこんなかんじ。


ROG Phone IIはHDR10対応で約10億7374万色、1024階調の表示が可能なほか、通常の映像コンテンツをHDR画質にアップコンバートできる「SDR2HDR」機能も搭載。有機ELの実力を余すところなく引き出しています。


さらに240Hz駆動のゲーム用タッチパネルを搭載することで、1秒回に240回のタッチ入力を感知。タッチ漏れがありません。


背面にはZenFone 6と同じソニーの「IMX586」を採用した4800万画素カメラと2400万画素広角カメラ(125度)および一般的なスマホの2倍にあたる6000mAhの超大容量バッテリーを備えています。



実際に触ってみたところ。ふわふわと動いてくれる印象で、単なる高性能なスマホとしても十二分に使えます。


右側面はこんな感じ。


左側面には各種アクセサリーと合体させるためのコネクタがあります。


底面にはQuick Charge 4.0およびUSB Power Delivery 3.0(10V/3A)に対応したUSB Type-C端子とヘッドホン端子


上部


ROG Phone IIは超高速なUFS 3.0ストレージを採用した512GBモデル(背面に光沢あり)と1TBモデル(光沢なし)がラインナップされます。



◆ROG Phone IIを最強ゲーミングスマホたらしめるアクセサリーたち
本体単独で申し分ないゲーミング性能を実現したROG Phone II。しかし本当の実力は付属アイテムで発揮されます。

その代表例が本体に取り付ける冷却ユニット「AeroActive Cooler II(付属品)」。発熱部の温度を約5度近く下げることができるため、充電しながらの激しいゲームプレイを実現します。



横に持った状態での冷却、充電、イヤホン接続を実現する優れもの。さらにステレオヘッドセットなどで7.1chサラウンドを実現できる「DTS:X Ultra」技術に対応することで、ゲーム内の敵の位置を音だけで把握できるなど、より豪華なゲーミング体験を味わえます。



実際に取り付けてみたところ。ロゴが七色に光る様子のサイバー感がたまりません。


同じく付属品の「Aero Case」と「AeroActive Cooler II」を組み合わせて取り付けることも可能です。


そしてROG Phone IIをデュアルスクリーンに変えるアクセサリーが「TwinView Dock II」。5000mAhバッテリーと6.59型フルHD+(2340×1080)有機ELディスプレイや冷却ファンを備えています。








興味深いのがROG Phone II本体ともども最大120Hz表示を実現できるところ。前モデルは対応したゲームのみ90Hz表示できましたが、今回はブラウザをはじめとした通常操作でもぬるぬる表示できます。


TwinView Dock II取り付け時はバッテリー残量表示が2つになります。


こちらはROG Phone IIの背面と左右に取り付けて使用する、専用のゲームコントローラー「ROG Kunai Core Gamepad」。


「ASUS WiGig DISPLAY DOCK」と組み合わせれば……



大画面モニターと無線で接続した上で、ニンテンドースイッチライクなゲーム体験を実現します。


ROG Phoneのアクセサリー「Mobile Desktop Dock(別売)」を使えば、パソコンライクな操作も可能。


タッチでなくキーボードやマウスを使ったゲームプレイもできます。


実際にゲームをプレイしてもらったところ。特にレスポンスが悪いといったこともありません。


ゲームプレイ時にはCPU/GPU使用率、本体温度などをリアルタイムでチェックすることも。



「ROG Phone II Lighting Armor Case(別売)」を着けると、NFCを使って専用テーマをインストールすることも可能。





◆気になる発売日は11月22日(金)、お得なセットもあります
ROG Phone IIは512GBモデルが10万5500円で、1TBモデルは12万5500円。


「ROG Kunai Core Gamepad(8980円)」と「TwinView Dock II(26800円)」がセットになった「Game Changer Set」は512GBモデルが12万7280円、1TBモデルが14万7280円で販売されます。

・関連記事
本気の格安スマホ「ZenFone Max Pro M2」の魅力をASUSが分かりやすく解説してくれました | BUZZAP!(バザップ!)

ASUS本気の格安スマホ「ZenFone Max Pro M2/Max M2」速攻レビュー、性能大幅アップ&軽量ボディで1ヶ月以上待ち受けも | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSは「エイズース」?ファーウェイやロレックスなど有名ブランドは英語圏でどう読まれているのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 6500円の超格安スマホ「UMIDIGI A3S」「UMIDIGI A3X」発売、マルチキャリア対応でデュアルカメラ搭載の破格すぎる1台に
  2. 「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置
  3. 【サイバーマンデー】「Anker Soundcore Liberty 2 Pro」いきなり大幅値下がり、BA型ドライバーや音質最適化技術採用の完全ワイヤレスイヤホン最上位モデル
  4. 1億800万画素の「Xiaomi Mi Note 10」大幅値下がり、超高解像度(12032×9024)写真が撮れる5眼カメラ格安スマホに
  5. 【サイバーマンデー】USB PD対応で超極薄の「Anker PowerPort Atom III Slim」大幅値下がり、大出力(30W)でスマホやMacBookを急速充電

モバイルに関連した楽天商品ランキング