1億800万画素5眼カメラ搭載の格安スマホ「Xiaomi Mi Note 10」日本上陸、超高解像度(12032×9024)写真を楽しめる高性能モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日行われた発表会で、世界初となる1億800万画素カメラを備えた「Xiaomi Mi Note 10」が発表されました。詳細は以下から。

◆有機ELディスプレイと3D曲面ガラスの美しいボディ
Xiaomiの日本初参入第1弾となる「Mi Note 10」。ゴリラガラス5を採用したコントラスト比40万:1の6.47インチ曲面有機ELディスプレイを備えたモデルです。



ディスプレイ内蔵の指紋センサーで瞬時にロック解除が可能。


背面には3D曲面ガラスをあしらっており、カラーバリエーションはオーロラグリーン、グレイシャーホワイト、ミッドナイトブラックの3色。




まとめるとこんな感じ。有機ELディスプレイは発色が良くきれいなだけでなく、ローブルーライト仕様で目に優しいなど、細やかな気遣いも。


◆世界初の1億800万画素5眼カメラを搭載
「Xiaomi Mi Note 10」の最大の特徴は世界初となる1億800万画素5眼カメラ。



500万画素望遠(F2.0、光学手ぶれ補正10倍ハイブリッドズーム)、1200万画素望遠(F2.0デュアルPD、2倍光学ズーム、1.4μmピクセル)、1億800万画素(F1.69、光学手ぶれ補正1/1.33インチセンサー、1.6μm4in1スーパーピクセル)、2000万画素117度超広角(F2.2)、200万画素マクロ(1.75μmピクセル)と、あらゆるロケーションでの撮影に対応します。


ソフトライト、フラッシュもデュアル仕様。


1億800万画素カメラの実力をチェック。この風景写真をそのまま切り取っても……


こんなに精細に撮れています。


奥の方に見える山もこの通り。


Mi Note 10 Proは世界初の8Pレンズ、Mi Note 10は7Pレンズ仕様です。



1億800万画素カメラは他社スマホのセンサーと比較しても物理的に大きいのが特徴。



1200万画素望遠カメラ



超接近できるマクロカメラ



見たままの景色をそのまま撮れる超広角カメラ



5眼カメラを上手く使い分けることで0.6~50倍のズームを設定できてしまいます。



マルチフレームノイズリダクションによって、夜景撮影はよりきれいに。



映画のような動画を撮れる「Vlogモード」もあります。


3200万画素フロントカメラはAIを使ったセルフィーに対応。


カメラ性能をまとめるとこんな感じ。


960fpsのスローモーション、2700万画素の明るい夜景撮影、超広角4Kビデオなど、撮影を楽しみたい人にオススメの1台です。


◆使える機能がどっさりの格安スマホ
Xiaomi独自開発の「MIUI 11」を採用。



バッテリー容量は一般的なスマホの1.7倍となる5260mAhです。


そんな大容量バッテリーにもかかわらず、付属の30W急速充電器で65分で充電完了。



特徴をまとめるとこんな感じになります。



世界初の1億800万画素カメラ5眼スマホ「Mi Note 10」の本体価格は6GB RAM/128GB ROMモデルが税別5万2800円で12月16日発売。



世界初の8Pレンズを追加した「Mi Note 10 Pro」は8GB RAM/256GB ROM搭載で税別6万4800円で12月23日発売です。


・関連記事
1億800万画素5眼カメラ搭載「Xiaomi Mi Note 10」いきなり大幅値下がり、真のハイエンド格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomi日本発表会まとめ、ハードウェアでの純利益「5%以内」の希有なメーカーが本格参入 | BUZZAP!(バザップ!)

「Xiaomi Mi 9T Pro」ほぼ4万円に、ノッチレス有機ELに4800万画素3眼カメラや本格冷却機構採用のSnapdragon 855スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】ついに日本展開するXiaomi関連3社、ヒットしそうな製品があるのかぶっちゃけてみました | BUZZAP!(バザップ!)

超高性能な格安スマホ「Xiaomi Mi 9T Pro」「OnePlus 7T」に実力派UMPC「One Mix 3s」「MAG1」相次ぎ値下がり、ブラックフライデーセールが炸裂中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング