Xiaomi日本発表会まとめ、ハードウェアでの純利益「5%以内」の希有なメーカーが本格参入

このエントリーをはてなブックマークに追加



Xiaomiが予定を大幅に前倒し、日本市場への参入を果たしました。詳細は以下から。

まずはXiaomiの現状を振り返り。世界企業を上位からランキングした「Fortune 500」に入っています。


すでに90以上の市場に参入しているXiaomi。


42の市場でトップ5入りを果たしています。


世界4位のスマホメーカーになりました。


スマホにとどまらず、IoT製品などを2000種類以上発売しています。


Xiaomi製IoTデバイスの接続台数は実に2億以上。



2018年からXiaomiのハードウェア事業全体の純利益は5%を越えることはありません」という、とんでもない会社です。


当然その姿勢はITに強い層を中心に注目を集めており、12月からのツイッターアカウント(@XiaomiJapan)のインプレッション数は640万を突破。


折りたたみスマホ「Xi Mix Alpha」発表会でも、日本参入を果たしていないにもかかわらず、ライブ配信の視聴者数がトップ5となっていました。


実は日本に研究拠点があるXiaomi。カメラのR&D(研究開発)を進めています。


そして本日、満を持して発表されたのが世界初の1億800万画素カメラ5眼スマホ「Xiaomi Mi Note 10」「Xiaomi Mi Note 10 Pro」の2機種。

1億800万画素5眼カメラ搭載の格安スマホ「Xiaomi Mi Note 10」日本上陸、超高解像度(12032×9024)写真を楽しめる高性能モデルに | BUZZAP!(バザップ!)


Mi Note 10」の本体価格は6GB RAM/128GB ROMモデルが税別5万2800円で12月16日発売。



世界初の8Pレンズまで実装した「Mi Note 10 Pro」は8GB RAM/256GB ROM搭載で税別6万4800円で12月23日発売です。



さらに格安のIH炊飯器やモバイルバッテリーなども投入。

IH炊飯器が9999円、モバイルバッテリーは1899円……Xiaomiが日本に投入する価格破壊商品いろいろ | BUZZAP!(バザップ!)


格安ウェアラブル端末「Miスマートバンド4」は本体価格3490円で12月23日発売。「とりあえずスマートウォッチを試してみたい」という人にも納得の低価格・高性能です。

・関連記事
「Xiaomi Mi 9T Pro」ほぼ4万円に、ノッチレス有機ELに4800万画素3眼カメラや本格冷却機構採用のSnapdragon 855スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】ついに日本展開するXiaomi関連3社、ヒットしそうな製品があるのかぶっちゃけてみました | BUZZAP!(バザップ!)

超高性能な格安スマホ「Xiaomi Mi 9T Pro」「OnePlus 7T」に実力派UMPC「One Mix 3s」「MAG1」相次ぎ値下がり、ブラックフライデーセールが炸裂中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング