KDDIとローソンが資本提携しau WALLETポイントを「Ponta」に統一へ、まさかのコンビニ定額制サービス提供も



auが自社ブランドでのポイントサービス展開を諦めてまで、会員基盤拡大を推進します。詳細は以下から。

KDDI、三菱商事、ローソンなどのプレスリリース(123)によると、KDDIが三菱商事からローソンの株式20%を取得し、ローソンと資本提携するそうです。これにより三菱商事の持ち株は22.37%に。

資本提携によって2020年5月以降、KDDIの「au WALLETポイント」はローソンのポイントサービス「Ponta」に統一し、ID連携も推進。


会員基盤は国内最大級の1億超となり、Pontaアプリに「au PAY」機能を、au WALLETアプリに「デジタルPontaカード」機能を実装することで、モバイル口座数は2200万超、年間ポイント付与額は2000億超になるとのこと。

相互の加盟店 (170万ヶ所超) で「Pontaポイント」の蓄積と「au PAY」の利用を促進するとしています。


また、ローソンが持つ約1万4600のリアル店舗において5Gや金融サービスを絡めた次世代コンビニを展開へ。


新しい消費体験として来店者向けサブスクリプションやau PAYの高還元をはじめとした以下のサービス提供などを検討しています。「月額○○円で毎日おにぎり1個がもらえる」などの内容であれば、なかなか面白そうです。

1.コンビニにおける新しい消費体験の創出 (2020年度内予定)
IDの連携によるパーソナライズを軸としたデータマーケティング施策を実施し、次世代型コンビニサービスを提供
コンビニ来店者向けサブスクリプション型サービスなど新サービスの開発
モバイルオーダーやロボティクス無人受け取り機などによるストレスフリーな購買体験の実現
OMOによる集客強化、先端テクノロジーによる在庫管理など店舗運営の効率化

2.ローソン店頭で「au PAY」を利便性の高い決済サービスとして推進 (2020年5月以降)
ローソンアプリに「au PAY」機能を実装
ローソンにおける「au PAY」還元率を高還元に設定することによる、ローソンでの利用促進

なお、KDDIは昨年11月に楽天と提携し、モバイルインフラのローミング提供を対価に決済基盤の拡大を図ることを発表。


このまま楽天ポイント経済圏と共存するのかと思いきや、ローソンのPontaと統合することになったのは意外ですが、それだけ生き残りに必死なのかもしれません。

・関連記事
ネット通販より確実にお得、貯まったWALLETポイントと「au STARギフトセレクション」で両親にマッサージシートを贈ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が電気代や住宅ローンが安くなる「じぶんでんき」発表、国内初の通信×金融×電気サービスに | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 「Zenfone 8 Flip」最安価格から2割近く大幅値下げ、風景も動画も自撮りもキレイに撮れる回転式カメラが楽しい1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング