ファーウェイへの規制をアメリカが強化か、今度は台湾TSMCのプロセッサがターゲットに

このエントリーをはてなブックマークに追加



5Gの経済性や実用性で先行するHuaweiを押さえ込むべく、アメリカが規制を強化する可能性が浮上しました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、アメリカがHuaweiへの製品輸出規制を強化し、対象を「アメリカの知財や部品が10%以上含まれているもの」に変更するおそれがあるそうです。

これはスマホ向けプロセッサなどを製造している世界トップクラスの半導体メーカー・TSMCがHuaweiへプロセッサを輸出できないようにするためのもの。

もし規制が強化された場合、アメリカの知財を15%含んでいる14nmプロセスを採用したチップセットが輸出できなくなるとされています。

ただしTSMCが製造を手がけるチップセットのうち、最先端の5nmや7nmプロセスを採用したものは基準をクリアできる(アメリカの知財は9%)ため、最新のハイエンドスマホなどに影響は出ない模様。

さらに14nmチップセットについても、Huaweiには中国の半導体メーカー・SMIC(Semiconductor Manufacturing International Corporation)から購入する手段が残されているとされています。

・関連記事
5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

政府主導で「6G」開発加速、最先端の半導体や通信システム開発にわずか2200億円を投じてファーウェイなど追撃へ | BUZZAP!(バザップ!)

「HUAWEI nova 5T」速攻レビュー、4800万画素4眼カメラ&P30 Proと同性能の格安ハイエンドスマホに | BUZZAP!(バザップ!)

4800万画素4眼スマホ「HUAWEI nova 5T」の魅力をファーウェイが解説、Kirin 980や9.1chサラウンドなど盛りだくさん | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ハイエンド格安5Gスマホ「OnePlus 8」が過去最安の処分価格で販売中、Galaxy S20やXperia 1 IIなどと同性能でほぼ半額に
  2. 【極安スマホ】ソフトバンクの「Lenovo 503LV」が新品3980円で販売中、ただしOSはWindows 10 Mobile
  3. 携帯各社新プラン「povo on au」「LINEMO」の月額2480円に「ahamo」追従せず、ドコモ社長が通話定額抱き合わせを明言
  4. 生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか
  5. Xiaomiの高性能格安スマホ「POCO X3」またも大幅値下がり、6400万画素カメラに120Hzディスプレイ搭載でゲームも動画も撮影もストレス知らず、Banggood.com「2021感謝セール」にて

モバイルに関連した楽天商品ランキング