100年前のタイプライターをドラムマシンに魔改造したらロマンのかたまりに

このエントリーをはてなブックマークに追加



機能性とか使いやすさとか、そういう話じゃないんだ…。詳細は以下から。

この世界的なロックダウンの中、DTMミュージシャンのWilliam Sun Petrusさんが100年前のRemingtonのポータブル型タイプライターをMIDIドラムマシンに魔改造してしまいました。

それぞれのキーがArduinoを通してMIDIコントローラーのトリガーとなり、それぞれの信号がPCに取り込まれてDTM用LiveソフトのAbletonに入力され、楽曲が演奏されます。


最初のシーンではんだ付けしつつ自ら魔改造しているシーンが入っていますが、これこそロマン。より使いやすく合理的なドラムマシーンはいくらでも存在しますが、そうじゃない、このこだわりなんだよと断言したくなります。

こちらはAbletonからの出力を編集せず、実際にタイプライターを操作している際のノイズの流れる未編集バージョンです。


動画のキャプションに使用ソフトやハードウェアなどの詳細が記されているので、気になった方は参照してみてください。

いつ終わるとも知れぬステイホームの日々、ここまでこだわりつくすのもひとつの楽しみ方かもしれません。

・関連記事
半人半単車の青年が愛を求めさまようサルバトーレ・ガナッチのMV「Boycycle」がとんでもなくシュール | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】旧ソ連の音楽家が1930年代に「シンセサイザー」で作成した電子音楽 | BUZZAP!(バザップ!)

伝説的なパーソナルコンピュータ、コモドール64を大胆に使用したベースギター型シンセサイザー | BUZZAP!(バザップ!)

指輪型の直感的音楽演奏デバイス「Wave」がクラウドファンディングを開始 | BUZZAP!(バザップ!)

ブライアン・イーノが「最も恐ろしい楽器」と評した、背筋も凍る音楽を奏でる楽器「不安機関」とは | BUZZAP!(バザップ!)

60年代のヴィンテージシンセを修理していたエンジニア、付着していたLSDに触れてトリップしてしまう | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング