日本のパチンコ産業、フラッシュメモリ業界の牽引役に

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナの影響でハイエンドスマホの売れ行きが伸び悩むなど、先行き不透明な部分もある今年のフラッシュメモリ業界を牽引するのは、思わぬ産業でした。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2020年のNANDフラッシュメモリの需要を牽引するのが、日本のパチンコ産業になると業界関係者が明かしたそうです。

これはパチンコ台のアップグレードによって、大量のNANDフラッシュメモリが必要になるため。

今までパチンコ台には古い規格となる「NORフラッシュメモリ」が搭載されていましたが、マイクロンやサイプレスなどの大手各社が撤退したことで製造コストが高騰。

おまけに大容量化しづらいという弱点もあったため、低コストで大容量化が可能なNANDフラッシュメモリに移行することになります。

なお、次世代のパチンコ台は16GBないし32GBのNANDフラッシュメモリを搭載する見通しで、旧世代のパチンコ台は主に東南アジアに輸出される予定。大容量のストレージを採用することで、より遊戯の幅が広まることが期待できそうです。

・関連記事
「UQ mobile」をKDDIが統合しauと2ブランド体制に、UQコミュニケーションズはモバイルインターネットに注力へ | BUZZAP!(バザップ!)

お値段たった7400円、格安すぎるスマホ「ZenFone Max (M1)」が驚くほど実用的 | BUZZAP!(バザップ!)

テレワーク需要急増で「WiMAX 2+ルーター」大人気、一部の端末が枯渇する事態に | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileとWiMAX 2+のセット割引「ギガMAX月割」強化、ついに光回線まで対象に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング