米ミネアポリスで大規模な暴動、白人警官が黒人男性を踏み殺した事件を発端に

このエントリーをはてなブックマークに追加



アメリカ合衆国で白人警官による黒人への人種差別的な扱いの末に黒人男性が殺害され、大きな暴動へと発展しています。

アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスで5月25日、レストラン警備員としての勤務歴があった46歳の黒人男性、ジョージ・フロイドさんがにせ札偽造の疑いで逮捕され、手錠をかけられた後に喉元を膝で踏み続けられました。その後ストレッチャーで搬送され、死亡が確認されます。

フロイドさんが膝で踏みつけられてうめき声を上げ、「息ができない」と白人警官に繰り返し訴える様子を目撃した市民が動画に撮影しており、これが大きく拡散。当該動画は以下から見ることができますが、当然閲覧注意です。


5月26日から抗議デモが始まり、フロイドさんが殺害された交差点には数百人が集まりました。当初は穏やかなデモだったものの、その後パトカーにスプレーで落書きし、警察署に石を投げるなど過激化。警察は催涙ガスや閃光弾などで応戦しました。


27日にはデモは数千人規模の暴動に発展。店で略奪行為に及ぶほか、店舗や建設現場に火を放ち、警察とも衝突。新たに死者も1人出ています。こちらは略奪の生々しい現場。


放火された建物が焼け落ちています。


遠くに放火された建物を眺めつつ、ドラムを打ち鳴らして行進するデモ隊の一部。


こちらはフロイドさんの死亡に関わった警官のひとりの自宅前。デモ隊がこちらにも押し寄せたことから多数の警官隊が警備しています。


この件がここまで大きな暴動に発展したのには、新型コロナウイルスのパンデミックに伴うロックダウンでフラストレーションが蓄積されていたことが関わっていることは各所で指摘されています。



またジョージア州でジョギング中の黒人男性が白人に射殺された事件があり、またニューヨークで散歩中の黒人男性が白人女性に警察に通報されるといった人種差別事件が相次いでいたことも大きな要因と言えそうです。

29日にも大規模なデモが計画されているとのことで、場合によってはロサンゼルス暴動クラスの大きな暴動へと発展する恐れもありそうです。

・関連記事
感情能力の弱い人ほど右翼思想や差別主義に染まりやすいとの研究報告 | BUZZAP!(バザップ!)

ハルク・ホーガン、過去の黒人へのヘイトスピーチでWWEから解雇 | BUZZAP!(バザップ!)

暴動や暴力行為をドローンの空撮から検知できるAIが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「ジョーカー」という、あなたや私の物語【ネタバレ注意】 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング