暴動や暴力行為をドローンの空撮から検知できるAIが開発される

このエントリーをはてなブックマークに追加



衆人環視が異次元レベルになっています。詳細は以下から。

世界各国で採用され始めている監視カメラシステム。賛否両論ありますが、治安維持に一定の効果があることは疑いようがありません。

これまでは据え置き型のカメラの設置が主流でしたが、ドローンの発達により事情が大きく変わりつつあるようですが、なんとAIによって暴力行為や暴動の発生をリアルタイムで検知することができるようになっています。

イギリスとインドの研究者らは共同してニューラルネットワークををAerial Violent Individual datasetと呼ばれる映像によって訓練を行いました。この映像はドローンで空撮された2~10人の人間が登場するもので、登場人物が別の人物に対して殴る、蹴る、銃撃する、刺す、首を絞めるなどの動作を行います。

訓練されたニューラルネットワークは88%以上の正確さで映像の中の誰が暴力的な人物かを判別し、82~92%の正確さで誰がどのような暴力行為を行っているかを特定しました。


この結果はソルトレークシティーで開催された International Conference on Computer Vision and Pattern Recognitionの場において発表されています。

この研究を主導したケンブリッジ大学の研究員Amarjot Singhさんは、このシステムは野外フェスやマラソンなどの野外イベントでの暴力行為の勃発を自動的に検知するのに使えるとしています。


現時点ではこのシステムを搭載できるのは市販のParrot AR Droneに限定されており、大人数の集まる実際の野外イベントでのテストは行われていません。ですが、研究者らは今後野外フェスやインド国境で実地テストを行う予定で、ソフトウェアを商用に販売する計画もあります。

実際の様子を描いた動画は以下の通り。


システムのライブ映像解析を統率するためにはにはAmazon Web Servicesと2つのNvidia Tesla GPUが使用されています。またプライバシーや法的問題の観点から、ドローンからの映像を処理した後には映像の各フレームが消去されるようになっているとのこと。

ただし、AIによって衆人監視を行う事に対してはプライバシーの問題を筆頭に大きな批判があり、同時に情報の不正確さへの懸念も出ています。

もちろんこうしたシステムが中国の「天網」のような顔認証システムと連結されれば、即座に暴力行為を働いたとされる個人が特定されることになり、極めて強力な監視体制が確立されることになります。

それによって少なからず保障される「安全」があることは間違いありませんが、代わりに私たちが何を差し出すことになるのか、十分考える必要がありそうです。

・関連記事
中国の中学校、顔認証システムで「生徒が授業に集中しているか」を監視し始める | BUZZAP!(バザップ!)

Web会議に特化したAI搭載ワイヤレススピーカーフォン「eMeet CoreOffice M2」が発売 | BUZZAP!(バザップ!)

「Amazon Echo」が夫婦の会話を無断で夫の会社の部下に送信する事案が発生 | BUZZAP!(バザップ!)

3000人の行方不明児が4日間の顔認証システム社会実験によって発見される | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】2体のAI搭載ロボットアーム、共同でイケアの椅子をゼロから20分で組み立てる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加