「iPhone SE2」開発中止、代わりに超大画面6.5インチの「iPhone X Plus」登場か

このエントリーをはてなブックマークに追加



小型スマホ愛好者には厳しいお知らせです。詳細は以下から。

リーク情報の正確さで有名なケースメーカー・Olixar公式ページによると、まもなく発表される新型iPhoneのケースの製造を開始したそうです。

発売が期待される2018年モデルのiPhoneは3機種で、比較的リーズナブルな5.8および6.1インチのiPhone X、そして今までのiPhoneで最大となる6.5インチモデルのiPhone X Plusがラインナップされるとのこと。

これはかねてからウワサされていたiPhone SE2は開発中止を意味します。


なお、OlixarがiPhone SE2はリリースされないと判断した影響は大きく、有名経済誌「Forbes」も報じるほど。

iPhoneが登場して今年で11年。高齢者でもスマホを使うのが当たり前になりつつあることを考えると、今まで手薄だった「老眼でも見やすい大画面モデル」のニーズは十分高いため、小型モデルが縮小されゆくのは仕方のないことかもしれません。

・関連記事
ついにLightning撤廃か、Appleが新型iPhoneやiPadにUSB Type-C採用へ | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone SE2」発売間近か、専用ケースがフライング発売される | BUZZAP!(バザップ!)

タッチ不要でジェスチャー操作できる新型iPhone開発中、内向きにカーブしたディスプレイも | BUZZAP!(バザップ!)

「新型iPhoneはすべて有機ELに」報道でジャパンディスプレイの株価暴落 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加