「新型iPhoneはすべて有機ELに」報道でジャパンディスプレイの株価暴落



2019年に有機ELパネルの量産にこぎつけるため、2000億円の資金調達を目指していたジャパンディスプレイ。中国のBOE Technologyと台湾のFoxconn Electronicsが買収を目指していることが台湾メディアに報じられましたが、さらなる危機です。詳細は以下から。

海外メディアによると、2019年に発売予定の新型iPhoneのすべてに有機ELパネルを採用する事が決まったことを韓国メディアが報道。

今年発売のモデルは2つが有機ELで1つがLCDとみられていることもあり、来年も同じような構成になると考えられていました。

この影響でジャパンディスプレイの株価が前日比16%安の暴落を見せています。

・関連記事
有機ELで出遅れたジャパンディスプレイ、自社がまとめた「事業等のリスク」が当てはまりまくる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

中国メーカー各社が折りたためる有機ELパネル開発、ポスト液晶は日本の一人負け確定か | BUZZAP!(バザップ!)

ついにシャープがスマホ用有機ELパネル量産へ、新型「AQUOS R」に採用も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに独自開発の有機EL採用か、Appleが研究開発拠点を設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  3. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も

モバイルに関連した楽天商品ランキング