2300鉢の植物を観客にオペラ劇場が再開、あまりにも壮観なその眺めに息を呑む

このエントリーをはてなブックマークに追加



日常を取り戻す第一歩としての無観客でのコンサートの客席は観葉植物で埋め尽くされていました。

シュールと言えばシュールですが、物言わぬ植物たちの静かな姿にはなにか胸を打つものがあります。詳細は以下から。

新型コロナウイルスで大きな被害を受けているスペイン。3ヶ月に及ぶ感染拡大防止のためのロックダウンを終えた日、バルセロナのオペラ劇場であるリセウ大劇場では一風変わったコンサートが開催されました

客席に観客はおらず、その代わりにアリーナから桟敷席まで約2300鉢にも及ぶ観葉植物がずらりと並べられていたのです。


これはコンセプチュアルアーティストのEugenio Ampudiaさんの企画によるもの。Ampudiaさんは「ロックダウン中、私はずっと自然の移り変わりを見ていた。多くの鳥のさえずりに耳を傾け、庭の木々の成長を見守った。今私は疑いなく、人々や自然とより親密に関わり合うことができる」と語っています。

コンサート全体のオンライン配信は以下から閲覧することができます。演奏は8:30頃からはじまります。


このコンサートで並べられた植物たちは、ロックダウン中に最前線で戦ってきた医療関係者らに寄贈されるとのことです。

・関連記事冷蔵庫の中の食材が美しすぎる「異世界」に、ロックダウン中のトラベルフォトライターが新境地へ | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ対策】イギリスでニュージーランドへの宣戦布告を求める声「開戦したらすぐに降伏して統治してもらおう」 | BUZZAP!(バザップ!)

「キスで新型コロナを治せる」と主張するヒーラーが新型コロナで死亡、信者らにも大量感染 | BUZZAP!(バザップ!)

顔認証システムも突破可能な「自分の顔がプリントされた布マスク」が作成可能に | BUZZAP!(バザップ!)

「移動制限」が解除された最初の週末の京都のにぎわいをご覧ください | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング