5Gスマホさらに値下がりへ、鍵を握るのはファーウェイか

このエントリーをはてなブックマークに追加



2万円台の5Gスマホが発表されてしまうなど、一気に値下がりした印象のある5Gスマホ。

しかしまだまだ値下がりする余地があるようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、以前は100ドル以上だった5Gスマホ向けチップセットの単価が70~80ドルの間にまで値下がりしたそうです。

単価の下落は今後も続くとみられていますが、アメリカによる規制が強化されることでHuaweiが足止めされ、2020年後半に下落ペースが鈍化する可能性があるとのこと。

つまり5Gスマホがどれだけ値下がりするかは「Huaweiが規制の影響をどれだけ受けるのか」にかかっている部分があるわけです。

新型コロナウイルス流行によるハイエンドモデルの販売不振から、メーカー各社が割安なモデルへ注力するなど、市場環境が大きく変わりつつある5G。

すでに中国では新たに販売されたスマホの半数近くが5Gモデルとなっていますが、5Gスマホの値下がりは日本での普及を後押しするのでしょうか。

・関連記事
超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」9000円台に値下がり、本格カメラと大容量バッテリー搭載の大人気SIMフリーモデル | BUZZAP!(バザップ!)

画面の美しさを本気で追求した格安タブレット「Alldocube X Neo」登場、有機EL搭載のSIMフリーモデルで今ならキーボードカバー付き | BUZZAP!(バザップ!)

超高性能な格安5Gスマホ「Xiaomi POCO F2 Pro」値下がり、Snapdragon 865や6400万画素4眼カメラ搭載で競合の半額以下に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング