「格安5Gスマホ」が新型コロナ経済対策の一環に、Sub-6採用でアメリカのミリ波を大きくリードか



新型コロナウイルスで冷え込んだ経済の起爆剤として、中国が「格安5Gスマホ」を活用するようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のスマホメーカー各社が「格安5Gスマホ」の開発に熱を入れているそうです。

これはパンデミックの影響を強く受けている携帯電話市場において、需要を喚起する起爆剤としての活用が期待されているもの。

具体的には3000人民元(約4万5700円)未満での展開を意識しており、4Gスマホを置き換える強力な価格設定となるほか、アメリカへの依存を避けるために、台湾のチップセットメーカーへの依存度を高める見通しとされています。

Huaweiに続きXiaomi、OPPOなどの中国メーカーが参入を果たした日本の携帯電話業界に対しても大きなインパクトがあるとみられる「格安5Gスマホ」。

格安5Gスマホは中国が推進する「Sub-6」と呼ばれる周波数帯をサポートするため、アメリカが主導する「ミリ波」陣営を大きくリードすることとなりそうです。

ちなみにSub-6は6GHz以下の周波数帯を用い、ミリ波(mmWave)は24GHz~100GHz帯を採用。周波数が高くなればなるほど大容量通信を利用できますが、どんどんエリアが狭くなります。

・関連記事
「ファーウェイの5Gにノキアやエリクソン買収で対抗するから同盟国は金を出せ」とアメリカが提案、「歴史上初めて次世代技術でリードしていない」と懸念 | BUZZAP!(バザップ!)

5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

廉価版「AirPods Pro」発売が大幅に延期へ、5G対応iPhoneも | BUZZAP!(バザップ!)

「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に | BUZZAP!(バザップ!)

ついにドコモが5Gで「独自のサービス名」を捨てる | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2020年春夏モデルからHuawei完全排除、5Gスマホどころかdtabすら他社製に | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング