「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに

このエントリーをはてなブックマークに追加



人気格安スマホ「AQUOS sense 3」より高性能なのに割安。

しかもAIを使った各種便利機能まで備えた、かなり使える格安スマホが再びお買い得価格で販売されています。詳細は以下から。

それではさっそく「ZenFone 5」を振り返り。発色が良く見やすい6.2インチフルHD+(2246×1080)Super IPS+液晶にSnapdragon 636を備えたミドルレンジスマホです。



前面には800万画素広角カメラ。ノッチは任意で隠せます。



背面には明るいF1.8レンズおよび1.4マイクロメートルの画素ピッチを持つソニーの「IMX363」を採用した1200万画素+800万画素広角(120度)カメラを搭載。4軸光学手ブレ補正と、3軸電子手ブレ補正を実装しています。


「AIカメラ」によって、最適なシーン判別および撮影モード選択が行われるだけでなく、好きなエフェクトなどの自動学習も。2つのレンズが被写体の奥行きを識別し、リアルタイムでボカし具合を調整できます。


撮影モードはピープル、フード、ドッグ、キャット、サンセット、スカイ、フィールド、オーシャン、フラワー、グリーン、スノー、ナイト、ステージ、テキスト、QRコード、トライポットの16種類です。


5マグネットスピーカー、メタルボイスコイル、NXP Smart AMP採用の独自オーディオシステム「Sonic Master 5.0」とdts HEADPHONE Xを使ったクリアな音響も楽しめます。


さらにZenFone 5にはAIを使った各種便利機能を実装。周囲の環境に合わせてディスプレイの明るさだけでなく色温度まで自動調整してくれる「AIディスプレイ」のおかげで、いつでもキレイにコンテンツを楽しめるほか……


周囲の雑音レベルに合わせて着信音量を自動調整する「AI着信音」も。「静かな部屋で着信音が爆音で鳴って周囲に迷惑」「全然着信音が聞こえず、大事な商談の電話を受け損ねた」などといったこともありません。


AIでユーザーの睡眠時間を分析し「バッテリー残量80%」以上になる時間を極力減らすことで、電池の劣化を防いで末永く使うこともできます。


極めつけがこのAIブースト。なんとSnapdragon 660スマホと変わらないパフォーマンスで動作できてしまいます。AQUOS sense 3(Snapdragon 630搭載)より高速なレスポンスが期待でき、ゲームプレイ時などにも活躍してくれます。


実際に触ってみたところ。なかなかキビキビと動いてくれます。


以下の通販サイト「Banggood.com」ではセールが延長され、クーポンコード「BGZF564」適用で1万6389円にまで値下がり。AQUOS sense 3より高性能なのに半額というコスパの良さでかなりの反響です。

ASUS ZenFone 5 ZE620KL 6.2 Inch 4GB RAM 64GB ROM Qualcomm Snapdragon 636 Octa Core 4G Smartphone Sale - Banggood.com

・関連記事
超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」9000円台に値下がり、本格カメラと大容量バッテリー搭載の大人気SIMフリーモデル | BUZZAP!(バザップ!)

格安すぎるスマホ「ZenFone Max (M1)」またしても7000円台に値下がり、このお値段で驚きの実用性 | BUZZAP!(バザップ!)

人気格安スマホ「Xiaomi Mi Note 10 Lite」、ただでさえ安いのにさらに大幅値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング